個人のドメイン取得はなぜ重要なのか?

個人のドメイン取得現在、世界中では、約2.5億人の独自ドメインが登録されています。
10人に1人のネットユーザーが個人のドメインを所持しており、アメリカ国内だけでも8,000万のドメイン数が登録されています。
このデータの数字は、実際にドメインがどのように重要になっているのかを表しています。個人のドメイン取得に関してまだ迷っているユーザーの方、次の事項を確認しドメインを登録するメリットを考えてみましょう!

 

独自ドメインは、サイトの一部として欠かせない部分

ドメインを登録する作業は簡単で、比較的安価、そして誰でも簡単に所持する事ができます。
では、ドメインを登録することによって得られるメリットとは何でしょうか?

  • コーポレート・アイデンティティの一部を形成
  • 専門性の提供
  • 訪問者がウェブサイトを覚えやすくする
  • 新規メールアカウント作成を可能にする
  • 検索エンジン(SEOフレンドリー)でウェブサイトを最適化

これらの要因は、顧客、サプライヤー、パートナーとのコミュニケーションを簡単で効果的に行う事を提供しています。

独自ドメインを登録しない場合

1.ドメイン占拠(相場師)の標的にされる危険

規模問わずビジネスを展開しているとします。あなたが最も避けたい状況は、あなたの前に誰かがドメインを登録してしまうことです。例えば、ドメインが「smith-technology.webnode.com」だとしましょう。そして、他の誰かが 「smith-technology.com」のドメインを登録したとします。
この場合、あなたは次の2つのシナリオを想定し準備をする必要があります。相場師がそのドメインを購入し、はるか高い値段にて販売する、または、競争者が先に進んでいる可能性があります。
後者の場合、ドメインを取り戻すにはるかに多くの費用がかかることがあり、また、最悪な状況としてドメインを取り戻す事が不可能になってしまう場合もあります。
2.数多くの読者(顧客)を逃す確率

 「SEO対策の効果を信じない」と、ウェブサイトの検索エンジン最適化を行わない場合のリスクとして、顧客を大量に失うという可能性があります。そんな、「SEO対策の効果を信じない」と言う方たちにも、独自ドメインの購入をお薦めいたします。ドメインエイジ、またはドメイン年齢が(ドメインを取得してからの試用期間)長い方が多数のリンクを受けている可能性が高いため、SEO対策に有利と言われています。サイトを探しているかもしれない新顧客の獲得に、あなたは時間を無駄にはしていませんか?

3.メールアカウントのアクセスを失う

フリーメールを使用していてログイン情報(入力した誕生日や秘密質問と答えなど)を忘れた場合、あなたならどう対処しますか?フリーメールの場合、これらの情報を全て忘れてしまうとアカウントにログインすることができなくなり、データを失ってしまった場合には、メールアカウントを失うだけでなくあなたのビジネスを失ってしまう可能性があります。
独自のドメイン登録は、あなた自身の新規メールアカウント作成の機会を与えられ、メールへのアクセスを失うリスクを排除します。

4.サイト名を覚えるのは簡単なことではない

長いメール(長い名前を持つビジネスなどを利用した場合)のアドレスは覚えにくい、と言う事を忘れないでください。アドレスの中で使われる単語を、ドットやダッシュで区切ったり続けて使用するかはあなた次第です。訪問者が分かりやすく覚えやすいアドレスを考えましょう。

-exampleexample.com
-example.example.com
-example-example.com

複雑なケースのサブドメイン(example-example.webnode.com)または、珍しいドメイン(.org、.info または.eu)の使用は注意が必要となります。
例として、ドイツでWebnodeユーザーが検索エンジンで「Webnode.de」と検索するとします。
しかし、ドイツでのWebnodeドメイン名は、「de.webnode.com」 になりますので問題は拡大してしまいます。

5.フリーメールの使用での信頼性

フリーメールサービスを使用した個人ビジネスから、「在宅仕事で一日5万円を稼ぐ!」 と言う内容のメールを受け取った場合、あなたならどのような印象を受けますか?