ビジネスWebサイトでしてはいけないミス

ビジネスWebサイトでしてはいけないミスインターネット上で書かれている一般的な言葉:If you’re not online you don’t exist.(ネット上でアクションを起こさない限り、あなたは存在しない。)多くの企業はこの事実を知っており、ビジネスWebサイトをネット上へ配信していますが、無意識のうちにWebサイトを妨害している可能性があります。

通常、この最も弱い点はメインページにありますが、問題はそこだけではありません。

 

 

 

1.その理由を尋ねることから始める

最も基本的な問題として、Webサイトの目的または訪問者への提供事項がメインページではっきり記されていないことが挙げられ、例えとしてこんな例があります:

「○○ネットショップへようこそ。このショップでは地元の市場にはない、優れた商品を扱う専門的な輸入業者です。きっとお気に入りの品物が見つかるでしょう。」

Webサイト内の内容は、同様の方法で継続します。このネットショップでおススメ商品を探す為には、
サイト内全体を検索する必要があり、最終的には必要な情報を得るのにある程度の時間を要しました。
Webサイトのメインページでは、訪問者が必要とするサービスの情報提供を簡潔にする必要があります。
あなたのビジネスでは何を提供していますか?
下記では、さまざまな分野の例と、ランディングページの理想的な内容を示しています。

サイトの種類 目標 メインページのコンテンツ
eショップ 売り上げ 人気商品、興味深いカテゴリにつながる商品の画像やバナー
ブログ 読者の増加 トップ記事、記事の収集、ニュースレターの購読登録
ビジネスサイト(ホテルなど) 予約の増加 予約したくなるようなホテルの写真、オンラインでの予約可能

 

 2.記事の頻繁度

多くのWebサイトを悩ませているもう一つの問題は、公開された情報が古くなっていることです。Webnodeで作成されたWebサイト200をランダムに選択し、ニュース欄がどのように使用されているかの調査を行ってみましたが、200サイトの内、たった38%のみが定期的に更新されていました。
残りの部分は、ニュースを提供していない、または更新さえもされていないという結果でした。このニュース欄を忘れると言うことは、Webサイトを運営する上でよい動きではなく、最初の一歩として専門性や信頼性に欠けてしまう恐れがあります。そしてさらに悪いことに、ニュースの欠如は、サイトの最適化に役立たずキーワードで幅狭い範囲をターゲットにしています。

 

3.連絡先のない名刺

ビジネスミーティングなどで名前や住所、電話番号やメールアドレスがない名刺を受け取ったと想像をしてみてください。その名刺を受け取った後、あなたはどんなことを思いますか?
これはWebサイトでも同様の事が言えます。住所、電話番号やメールアドレスなどは必要不可欠な情報であり、特にビジネスWebサイトにとっては欠かせない情報です。
しかし、企業の中にはWebサイト上に連絡先情報の掲載をすることを躊躇し、また、Webサイトの多くは古い情報を掲載している場合もあります。
これは、商品についてのお問い合わせをしたい顧客に、疑惑な印象を与えてしまうことがあります。

 

4.文法ミス

最大の悪夢は、Webサイト訪問者がサイトの文法的なミスを発見することです。
一部の人は文法のミスに大変敏感であり、Webサイトを読んでいるうちに不満を感じるかもしれません。
それと同時に、ミスを回避することは容易ではありません。Wordでテキストを用意し「表記ゆれチェック」などの機能を使用することもおススメです。
また、テキストの訂正を他人に頼むと新たな間違いに気づくことができます。

 

5.お客様の声

もう一つのよくある間違いは、「お客様の声」などのセクションを含んでいないWebサイトです。
About.com の The Trust Factor での調査によると、消費者は大量の情報の中から、一つに焦点を置くことが困難と感じていることが分かりました。情報は信頼に基づいてオンラインフィルタリングされます。
したがってビジネスには「消費者の信頼を構築する」と言う、難しい課題があります。
これは、Webサイトを運営するだけでなく、「お客様の声」のページを持つことで大きな違いがでてきますので試してみましょう。

 

あなたのWebサイトも確認してみましょう!上記の注意を直すとことで、修正は売り上げに反映されます。