惨事を避けるための、Webサイトのバックアップ!


Webサイトバックアップ仕事場での一日が終わろうとしています。
最後のページを終了し保存、パソコンの電源をおとしました。
次の日、コンピューターを再起動したところ、全てのデータが失われていることが分かりました。もっと悪いことに、あなたの仕事のバックアップは何処にも保存されていません!

あなたはそんな経験をしたことはありませんか?
停電などの理由ではなく、誤ってコンテンツを消去してしまったなど、Webサイトの内容を失う可能性があることを考えたことがありますか?

 

「誤ってコンテンツを消去してしまうことなんてありえない!」 などと考えてはいませんか?
少しの不注意で全てを失ってしまう可能性があるんです。
例えとして、Webnodeのeショップを利用し、電動自転車を売っている「Electorbikes」を運営するTomas Pospisilさんの体験段があります。
「夕方Webサイトを更新しようとデスクにつきました。この日は良い日ではなかったのでとてもいらいらしていて、また大変疲れていました。特定の商品を調整したかったのでメニューを編集していると、誤って全てを選択し「消去」をクリックしてしまいました。その後、何が起こったのか気づいたときには既に遅かったのです。」(「Electorbikes」Tomas Pospisilさんのインタビューより)
幸いTomasさんは、プレミアムサービスをご利用になられたことによって、eショップのバックアップを保存していました。「国内外の取引先のサイトをチェック、またはライバル会社を調べたり全て初めから仕事を始めないといけなかったので、バックアップ保存は1週間分の仕事を防ぐことができました。」(インタビューより)
みなさんもWebサイトを編集するたびに、このような惨事を思い出してみましょう。
無い事だと思っていても惨事は訪れます。
定期的にバックアップする機会があるほうが安心ではありませんか?
逆に、仕事を終えた後にドキュメントをバックアップするのではなく、仕事を始める前にバックアップをしておきましょう。ネットワークがダウンしコンピュータがクラッシュしたり、同様の惨事に直面しても心配する必要はありません。
Webnodeのカスタマーサポートでは、同様の状況のお問い合わせに毎日直面しています。
ページを編集する前に、編集画面で「バックアップとリカバリ」をクリックしてください。
将来の惨事を防ぐことを考えましょう!

バックアップとリカバリ

「バックアップが存在しなかった場合、最初からやり直すと言う勇気はなかったと思います。バックアップの保存があって本当に良かったです。」(インタビューより)
バックアップの必要性を何度も考える必要はありません。
Webサイトに大切なコンテンツがたくさん含まれている場合、バックアップは必需品となります。
編集画面へと移動し、Webサイトのバックアップをクリックするとサービスが稼動します。プレミアムサービスはあなたのビジネスを保護するだけでなく、結果を達成するための新機能利用も提供しています。

 

コンピュータがクラッシュしたり、その他の惨事でデータを失った経験はありますか?どんな災難だったか経験を共有してみましょう!