低い検索エンジン結果を引き起こしてしまう7つの間違い

SEO7つの間違いオーガニック検索でWebサイトを最適化するという作業は、Webサイトをオンラインで表示するためにまず初めに行う戦略です。検索結果の最初のページへの経路に沿って向かうように、知らないうちにランキングを下げる原因になる間違いを起こさないように確認しておきましょう。
この記事では、SEOで行われた一般的な間違いをまとめてみました。

 

 

 

7つの高価なSEOの間違い

Webサイトを始める際に築く選択は、SEOの結果に大きな影響を持つことがあります。Webサイトの検索エンジンのランキングに害を与えない様に確認してくおきましょう。

 

1. キーワードの乱用

検索エンジンで良いポジションを獲得するために、キーワードの乱用 または多すぎる数のキーワードを追加すると害を及ぼしてしまう可能性があります。関連した特定のキーワードを使用している場合に、検索エンジンはWebサイトを見つけ、今日のデータでは、ページでの理想的なキーワードの使用密度は2〜4%と言われています。Webサイトは、自分の為に書いているのではなく、訪問者の為に運営していることを忘れないでください。

 

2. はっきりしない内容

何よりもまず初めに、SEOでは良いコンテンツを作り上げることが大切です。コンテンツは、あなたの同僚や検索エンジンのためではなく、訪問者の為にあります。そのため、曖昧または不可解な文章、またはターゲットとした訪問者がコンテンツの理解を防いでしまう可能性がある、あらゆる技術的な専門用語の使用を避けましょう。

 

3. リンクの不使用

メインページだけでなく、Webサイト全体でリンクを使用しましょう。アンカーテキストは重要です。
また、「ここをクリック」や「こちらを参照」などのCall To Action(CTA)は、検索エンジンではすでに支持されていません。リンクにキーワードを使用することをお薦めします。

 

4. インデックスされにくいコンテンツ

検索エンジンは、特定のコンテンツに対してのインデックスがとても困難になります。
デザインは確かに重要ですが、Webサイトの機能を損なわないことを確認すると同時に、以下を極端に使用するのはやめましょう。

  • フラッシュ
  • JavaScript
  • フレーム

 

5. コンテンツを複製

古いコンテンツを貼り付けたり、同じ内容を何度もリピートしたり、何よりも盗作を避けましょう。
重複したコンテンツの形式は、負の方法でランキングに影響を与えます。各ページを特定のコンテンツにし、適切なタイトルを与えましょう。

 

6. ページの動きが遅い

検索エンジンは、Webサイトの動きが早いページを優先します。あなたのWebサイトの速さを確認しましょう。

 

7. SEOソフトウェアを頼る

SEOソフトウェアのリード生成は簡単な解決策のように思えますが、あなたの唯一の戦略だった場合、それは限られた値を持っています。各Webサイトでは、パーソナライズされたアプローチが必要な複雑な構造を持っており、Webサイトの管理者として、唯一あなただけが商品、ターゲットオーディエンス、または目標を一番に理解しています。
Webサイトの最適化は複雑な作業ではありますが、やりがいのある一つでもあります。
SEOの結果を向上させるために定期的にWebサイトのチェックをすることをお薦めいたします。
Webサイトの最適化の方法の一つとして、画像の最適化 の記事を確認しておきましょう。