バックグラウンドミュージック:短所から長所へ

Pas de musique au démarrage「ヘッドフォンを使って音楽を聴きながら、ネットサーフィンをしていました。あるサイトを開いたら、急にヘッドフォンから音楽が流れ始めたのです。ビックリした私は、開いたばかりのページをすぐに閉じてしまいました。」これは、音楽が流れるサイトを訪れた人々の、一般的な反応です。このような状況を回避し訪問者を維持したい場合は、この記事を読んでおきましょう!

バックグラウンドミュージックは、音楽がテーマなどのサイト(例:バンドの公式ホームページ・ブログなど)など、例外的な場合のみ許容されています。それ以外の場合にバックグランドミュージックを使用した場合、様々な問題に直面し、訪問者を遠ざけてしまいます。

訪問者がネットサーフィンをする場所

訪問者がネットサーフィンをする場所

Webサイトの訪問者は家からだけではなく、他の場所からのアクセスや1人でいない場所からのアクセスがあることを忘れないでください。

  • 公共の場

Webサイトの訪問者は、静かな図書館やカフェなど公共の場所でもパソコンを使用します。突然パソコンから発せられる音楽は、訪問者にとって恥かしい瞬間に繋がります。

  • 仕事場

従業員が、仕事の合間の5分間をネットサーフィンに費やしたとしましょう。突然パソコンから流れた音楽がオフィス中に鳴り響いた場合、同僚や上司はすぐに何をやっていたのか気づいてしまいます。

  • 夜間

ネットサーフィンをする人たちには、小さな子供がいたり、家族がたった今眠りについたばかりと言う状況があることを忘れないでください。家族の中のトラブルを引き起こさないようにしましょう。

Webサイトに悪い選択肢Webサイトに悪い選択肢

起動時の音楽再生のWebサイトは、どのような困難を引き起こすのか見てみましょう。

  • 読み込み時間

バックグラウンドミュージックは、ウィジェットから来ています。ウィジェットを多数設置している場合、Webページを圧倒させてしまい、読み込み時間が遅くなってしまいます。

  • リピートされる音楽

30秒の音楽を5分間流した場合、サイトの訪問者は10回も同じ音楽を聴いていたことになります。

  • 音楽の趣味

誰もが同じ音楽の趣味を持っているわけではありません。訪問者が拒否してしまう可能性が大いにある音楽を選ばないようにしましょう。

いつ使用するべきか?

いつ使用するべきか?ビジネス指向のWebサイトの場合、プロフェッショナル感に欠けるバックグラウンドミュージックの使用は、再度見直す必要があります。
その他の場合、サイトの雰囲気などを踏まえた上で使用を考慮してみましょう。

Webサイト上でBGMを使用するためには、下記のヒントを参考にしましょう。:

1)Webサイト上で音楽を停止する事ができるボタンを作成しましょう。選択枠を与えることによって、Webサイトの訪問者に敬意を示す事ができます。

2)訪問者がWebサイト上で費やした時間を、Webサイトの統計で確認しましょう。Webサイトの滞在時間が短くなった場合、このウィジェットは使用しないほうが良いというサインです。