アドワーズの使い方:利益を得るためのキーワード設定

アドワーズの使い方Google検索での広告は、ビジネスに効果的な宣伝を提供しています。広告を標的にすることで、キャンペーンの効率に達することができ、高い品質にターゲットをおくことで、キャンペーンはより安く、そしてより効果的になる簡単な規則があります。
検索エンジンのオンラインキャンペーンは、適切な場所に広告が表示されるキーワードを設定する必要があります。このGoogleアドワーズシリーズでは、成功するキャンペーンのターゲットの仕方をご紹介いたします。

簡単に言えば、キーワードとは人々が検索エンジンで検索するために使う言葉です。適切に選択されたキーワードは、アドワーズキャンペーンの全てを表し、質の高いキーワードを設定することは、よく書かれた広告よりもさらに重要な役割を果たします。

1.キーワードのリストを作成

顧客は検索エンジンでひらめきの言葉を使用する
Googleのキーワードツールでキーワードを探す前に、顧客が商品やサービス探しているかを考えてみましょう。アイディアを書きとめ、(特にSEOに強いチームなど)周りに相談してみることも大切です。
注意:類義語、スラング(俗語)、形容詞なども考慮しましょう。

ビジネスに関連するキーワードを調査する
ターゲットとするユーザーの地域と言語を選択し、リストに書き留めたキーワードの検索を実行します。Googleアドワーズの キーワードツール 等、ユーザーの検索を追跡できるオンラインツールを使用する事により、競合性に基づいてローカル月間検索にてキーワードを選択する事ができます。

競争相手からインスピレーションを得る
いくつかのオンラインツールでは、検索エンジン最適化のためだけではなくアドワーズ広告のキャンペーン用に、競合相手がどのようなキーワードを使用しているかを表示している場合があります。
例として、Keyword Spy を使用してみるのも良いでしょう。(日本語を選択してください。)
注意:通常、検索者は購入経緯によって異なるキーワードを使用します。「海外旅行」と「2013年 イタリア旅行 観光地」のキーワードでは、どちらが購入に近いと思いますか?

2.キーワードをグループ別に分ける

一般的なキーワードや具体的なキーワードなど、キーワードはたくさん集まりましたか?
まず初めに、アドワーズキャンペーンにキーワードを追加する前に、グループ別にキーワードを分割しましょう。この作業は基本的に二つの手順にて行うことがあります。まずはトピック別に語句を分割し、その後、幅広い意味を持つキーワードのサブグループを作成します。

1)トピックごとにグループ化されたキーワード

アドワーズ広告では、キーワードは広告が含まれるグループに分割されています。広告を成功にさせるためには、キーワードに関連させる必要があります。

Webnodeのキャンペーンでは、キーワードはテーマ別に分割されています。

– ホームページ
– ブログ
– eショップ
– テンプレート

商品の種類(例えば、ズボン、ベルト、シャツ、ワンピースなど)に基づいて広告グループを作成することができるため、通常ネットショップのキーワードは単純に行えますが、複雑なケースが発生する場合があります。例えば、アレルギークリニックは、どのようにキーワードを分割したらよいでしょうか?Webnodeでは、Pilar クリニックの キャンペーンを作成 時、以下のグループに分けて分割しました。

– 喘息
– アレルギー性鼻炎
– アレルギー治療
– 食品アレルギー

2)一般的なキーワードを分解する

初期分布後、キーワードの語句の数は多く一般的なキーワードはより検索数を持っていますが、競争率もより高くなります。(多くの企業が同様の語句を使用するでしょう。)その為、競争率が高くなり、コストも大いに高くなってしまいます。コストを追跡しキャンペーンを最適化するためには、一般的なキーワードに応じてグループを分割することをお勧めします。

Webnodeで使用しているキーワード「ホームページ」を例にして見ましょう。

– ホームページ 無料 – 最も一般的な語句)
– ホームページを作成 – 動詞が含まれていてより的確
– ホームページ作成の仕方 – 非常に具体的

「Tシャツ」に関する一般的なキーワードの例を見てみましょう:

– Tシャツ – Googleでは月に368,000回検索されていることを示していますが、キーワードが一般的過ぎて、検索している人の探しているものと一致することが的確ではありません。
– プリントTシャツ
– キャラクタープリントTシャツ – この広告グループは具体的なキーワードを持っており、販売されている商品を指定していますが、月間検索数はあまり多くありません。

3.キャンペーンにキーワードを適用する方法

アドワーズに戻り始めに広告グループを作成していきましょう。
まずは、作成したいくつかのキーワードを入力し、その後表示させる広告の作成をします。

注意:管理の仕方を学んだ後、1週間後に広告テキストに戻ることができます。

キーワードを入力する際、同時にマッチタイプを入力します。これは、検索語句が広告をどのように引き付けるかコントロールする事ができます。マッチタイプについては以下をご覧ください。

部分一致 入力したキーワードだけでなく、類義語や関連した語句、の単語を含むユーザークエリに対して広告を引き付けます。
“フレーズ一致”  入力されたキーワードの順序での単語だけでなく、追加された言語などに広告が表示されます。例えとして、”パソコン マウス”は、「ワイヤレス パソコン マウス」に表示されますが、「ワイヤレス マウス」には広告が表示されません。
[完全一致]  ユーザーが検索したキーワードのみ、広告が表示されます。例えば、[ ]を使って[紅茶]を入力した場合、紅茶のみに広告が表示されます。

 

ビジネスの目標と予算を考えましょう。具体的にあなたの商品にターゲットを起きたい場合、フレーズ一致または完全一致を使用すると関連した多くのクリックを得ることができ、より安い価格になります。

1.部分一致を使用し、注意しながら管理する 初心者でまだマーケットを把握していない場合、少数の部分一致キーワードを使用し、人々がどのように検索しているのかを調べてみましょう。ただし、部分一致を使用した場合、必要のないクリックが引き付けられますので、キャンペーンをよく確認し気をつけましょう。
注意:マーケットの競争率が高い場合、キャンペーンの設定を良くしておく必要があり、キャンペーンの質を損わないように、部分一致を使用しないようにしましょう!

2.より多くの柔軟性が必要な場合は、フレーズ一致を選ぶ 完全一致を使用するより幅広い顧客層に到着し、より高いCTRを目指すことができます。一度部分一致キーワードによって生成された検索語句の明確なアイディアを持った場合、次のステップとしてCTRを向上させ、フレーズマッチを使用することでキャンペーンを絞り込みます。

3.一般的なキーワードのみ完全一致を使用する これらのキーワードは一般的に短く、(1・2単語)とても広い範囲の意味を持ちます。(例:パソコン お店)このマッチタイプはコスト削減にとって理想的ですが、表示回数を失う可能性がありますので注意をしましょう。

これで広告キャンペーンのもう一つの設定が終了しました!上記に関してご質問などございましたら、お気軽にコメントにてお知らせください。