アフィリエイトプログラムでお金を稼ぐことができない理由

アフィリエイト商品を宣伝しても何も得られずお金を稼げていないと分かった時、失望感を味わった気分になることがあります。「なぜアフィリエイトプログラムでお金を稼ぐことができないのか?」と不思議に思った場合は、どのような原因の可能性があるのかこの記事を読んでみましょう。問題を特定し傾向を逆転させる為に間違いを見つけます。
商品を宣伝してもお金を稼ぐことができていない場合、まずは問題を見つけることが必要になります。表示回数、クリック数やコンバージョン数は十分ありますか?一つずつ問題を見つけてみましょう。

問題1:表示回数またはクリック数がない場合

商品を宣伝するウェブサイトで、クリックやコンバージョンに繋がる表示回数が十分でない場合は、ページへの閲覧数を増やす為にいろいろな方法を検討する必要があります。いくつかのヒントを見てみましょう:

ビデオを作成する:商品についてのビデオを作成し、YouTubeなどにアップロードします。商品に関連するページにビデオのリンクを貼り、映像の中でリンクをクリックするようにメッセージを残します。
商品に興味がある人が簡単に探せるように、映像の中でキーワードを使用し最適化することが重要です。

フォーラムで商品を宣伝する:フォーラムはコミュニティです。リンクを共有する用途のみでフォーラムに登録をした場合、コミュニティに受け入れてもらうことが難しくなります。また、フォーラムに見込みのある顧客が存在しているかも確認しておきましょう。例えとして、化粧品の宣伝をする場合に車専用のフォーラムを使用した場合、成功する可能性はとても低くなりますので気をつけましょう。

ソーシャルネットワークを使用:ソーシャルネットワーキングやファンページ、商品に関して書かれている記事のコメント欄などにてサイトや商品のPRしましょう。

問題2:表示回数があってもクリック数がない場合

商品を宣伝しているページに十分な表示回数があってもアフィリエイトリンクやバナーにクリックがない場合、問題はコンテンツ自体や商品への関心に関連しています。より多くのクリックを得るためには、これらのヒントを覚えておきましょう:

商品の強みを紹介する:商品の強みのみを提示するだけでは、ブログ読者のために十分な情報にはなりません。訪問者の興味や訪問者の事を良く知り、商品に関心が出るようコメントを書きましょう。

分かりやすいCall To Actionを使う:「お試しください!」「今すぐクリック!」や「限定販売」などクリックを集める為に分かりやすいコールトゥーアクション(すぐに行動をおこしてもらう)のフレーズを使用すると、訪問者はより多くサイトを訪問するようになります。

カスタムバナーを作成する:サイトのスタイルに合わせてカスタムバナーを作成しましょう。バナーでクリックが得られない場合は、バナー自体が注目を集めるバナーではないと言う事が問題になります。異なるフォーマットやサイト上の異なる位置に設置するAとBバージョンを試し、どちらがよりクリックを集めているのかを参照しましょう。

問題3:表示回数とクリック数はあるけれど、コンバージョンがない場合

広告が十分な表示回数やクリック数を得ていてもコンバージョンへと繋がらない場合、商品のWebサイトや商品自体に問題がある可能性があります。アフィリエイターとして、派f-万巣を向上させることができるヒントをご紹介します:

商品の会社と接触する:商品の会社に連絡を取り、ランディングページの変更を提案してみましょう。アフィリエイトリンクをクリックした後に表示されるページに十分な説得力が記載されていない可能性があります。

商品自体に問題がある可能性:価格が高かったり、通常のコンバージョン率が低すぎる可能性があるとあなたの努力が水の泡になってしまいます。訪問者数に比べて商品でお金を稼ぐことができない場合は、他の商品を促進することを検討しましょう。

アフィリエイトリンクに問題がないことを確認する:ページにある全てのアフィリエイトリンクをテストしておきましょう。リンク切れがあると、お金を稼ぐことができません。

ウェブサイトの読者が適切ではない:あなたのウェブサイト読者は、宣伝している商品に適していますか?Google Analytics を使用し統計を出し、直帰率を調べて訪問者がサイトに費やしている平均時間を調べましょう。これらのメトリックは、人々があなたのサイトのコンテンツに興味を持っているかどうかを示しています。この数字で、宣伝している商品に読者が識別していないと言う事実を理解することで、あなたの時間とエネルギーを防ぐことができます。

定期的にアフィリエイトマーケティングを行っている場合は、Webnodeの アフィリエイトプログラム もチェックしておきましょう!

この記事では、得に繰り返し行われるミスばかりを指摘しています。こんな問題を起こしていませんか?