バスケットボールチームのWebマーケティング成功例

デイビッド・バシュネル クラブマネージャー

今回Webnodeでは、デイビッド・バシュネルさんにインタビューをさせていただきました! デイビッドさんはイギリスイングランド地方にあるハルという街のバスケットボールリーグプレミアで活躍するチーム、Hull Waspsのクラブマネージャーであり、チームのウェブマスターでもあります。2008年より、Hull Waspsはかっこいいウェブサイトを背負うナショナルリーグクラブに成長しました。我々はデイビッドさんにバスケットコートの中だけでなく、ウェブ上でも輝く秘訣を教えていただきました。この刺激的なお話を読んで、スポーツマネージメントだけでなく、オンラインマーケティングの世界でもチャンピオンを目指しませんか?


デイビッドさんはこの洗練されたなHull Waspsの公式ホームページのデザインや管理を含むチーム全体の広告やマーケティングを担当しています。デイビッドさんは5年以上、広告業界で経営やマーケティングの経験を持ち、このチームをここまで成長させました。

 

Hull Waspsについてもっと詳しく教えてください。

私たちはナショナルリーグクラブに登録されているイングランドのハルを拠点にしているバスケットボールチームです。ハルにあるバスケットボールチームの中では最も規模大きく、5年連続トップになり続けています。

 

2008年の設立当時はハルに成人男性用のバスケチームがありませんでしたが、私たちは、このチームをナショナルリーグに出られるようなクラブに成長させたかったんです。当初は毎シーズン、ディビジョン4という部門だったのですが、毎年部門内でのランクが上がっていきました。そして今年、ついにディビジョン3に昇格する機会を手にしました。

 

4人のディレクターが5年半、1からチームのファンクラブを立ち上げ、宣伝してきました。基盤を維持するために、スポンサーは不可欠な存在ですが、ファンクラブがあるとないとではスポンサーからの印象がだいぶ変わります。

 

どうしてチームのオンラインプロフィールを作ろうと思ったのですか?

私は長年マーケティングの世界にいたので、新しく作られた団体にとってプロフェッショナルなウェブサイトがあることがどれだけ大切かわかっていました。第一印象を与える機会は一人につき一度しかないですし、まあ、一般的に最近ではまず初めて聞いたものは皆さん、取り合えず、ネットで検索してみますよね。

 

クラブの代表として、どんな方法でチームを宣伝しましたか?

チームを宣伝するのはとても難しいです。特に、ハルのサッカーとラグビーチームはプロレベルなのでとても人気があり、バスケットボールはマイナーなんですよね。でも私たちはオンラインをベースにしたマーケティングでチームを知ってもらおうと頑張りました。ソーシャルメディアはとっても大きな影響を与えてくれて、ウェブサイトもそのうちの一つです。ウェブサイトは強く見せてくれるようなデザインで、かつ良い第一印象を閲覧してくださる人に与えてくれるものがいいと思っていたのですが、Webnodeはそれを全て可能にしてくれました。

Hull WaspsのFacebook ポスト

 

チームのウェブサイトにとってどんな機能が一番重要か教えていただけませんか?

最初ウェブサイトを立ち上げたとき、ニュースフィードが簡単にセットアップできたんです。どんなスポーツクラブもファンの方々を楽しませたり、ブランディングするにはニュースを常にアップデートするのはとても重要ですからね。他にも僕のお気に入りの機能はたくさんありますけど、リストが簡単にセットアップできる機能はすごく便利です。この機能を使って、選抜プレーヤーのリストを作り、それぞれの写真と経歴をそこに加えたんです。それが本当に簡単にささっとできました。

 

最近では、Youtubeやその他のソーシャルメディアをホームページと統合するのはすごく重要なんです。(Hull WaspsのYoutubeチャンネルをチェックしてください)2008年当時はウェブサイトがニュースを発信する一番良い方法でしたが、今はソーシャルメディアを利用することが大切です。InstagramやFacebookのいいねボタンを活用することで、ホームページのファンも格段に増えています。

Hull Wasps ウェブサイト

 

素敵なデザインのウェブサイトですよね、Webnodeを使ってみてどうでしたか?

本当に始めるのが簡単でした。テンプレートのデザインも良いですし。このチームのウェブサイトはWebnodeのテンプレートのうちの一つを最初はそのまま使っていたのですが、そんなに経たないうちに自分たちに合うように、CSS編集で全体を変えていきました。

 

技術面から言うと、私は実はウェブサイトを作ったことがあるんです。でも自分ではWebnodeが提供しているような高度な機能を設定することはできなくて。友達に紹介されてWebnodeの編集ページを見てみたところ、本当に簡単で、ウェブサイトを作るには一番良い方法ではないかと思ったんです。2008年当時はWebnodeは独特なコンセプトでした。唯一思いついたほかの方法はWordPressを使うことでしたが、かなり複雑で難しかったので、Webnodeを選びました。

 

人々のオンラインでのつながり方が変わるにつれて、ファンの人たちはウェブサイトでなく、ソーシャルメディアでチームをフォローするようになりました。なので、今年、いい機会だと思い、ウェブサイトを思い切ってファンの人に何回も見に来てもらうようなウェブサイトではなく初めて来た人をターゲットにしたウェブサイトに変えることに決めたんです。

 

ホームページの中で写真は重要な部分です。キースというBiggerImageStudios.comで働く写真家が素晴らしい写真を何枚も撮ってくれるんです。質の悪い写真を使うとそれだけで見栄えが悪くなるので、皆さんには良い写真だけを選りすぐってウェブサイトに使うことをお勧めします。

 

どうやってファンとつながりを持っていますか?

やっぱり、ソーシャルメディアの力を借りることが多いですが、メールもよく使います。Facebookの「いいね!」ボックスやYoutubeチャンネルのリンク、Twitterのフィードと同様にニュースレター購読の受付ボックスを設置しています、これ、実はとても重要です。私たちが発信するニュースは全て、皆さんに知ってもらうためにソーシャルメディアで流さなければいけません。今では、自分ネットで調べて情報を探すより、新情報はメディアで流してくれることを期待していますから。この5年間で私たちのオンライン上での振舞い方もだいぶ変化しました。

 

新しくサイトに訪問してくれた人をひきつけるためにどんな工夫をしていますか?

先ほども少し触れたとおり、メールやソーシャルメディアを通してのマーケティングを行なっています。また、地元の人や学校向けのキャンペーンなど、オンライン以外の場面でも活動しています、昨年と今年の8月、9月、10月に定期的にホームページを訪れていただいてる訪問者の数を比べると、今年は昨年の2倍の定期的訪問者がいるのですよ。これは、良い方向に進めているというサインだと思っています。

 

これからのチーム、そしてウェブサイトの方向性を教えてください。

イギリスバスケットボールリーグ(BBL)においてトップに君臨することが長期的な目標です。今、組織全体でより成長しようと頑張っているのですが、その上でもウェブサイトを含む私たちのチームのブランディングが大切だと思っています。このチームのウェブサイトはイギリスのバスケットボールチームのウェブサイトの中ではずば抜けていると思っています。常によりよいものを追い求めていき、ファンの方により楽しんでもらえるようにしていきたいです。

 

デイビッドさん、Hull Waspsのことそして、マーケティングについてたくさんお話してくださり、ありがとうございました。とっても参考になりました。チームの代表として、そしてウェブマスターとしてのデイビッドさんと、Hull Waspsの今後のご活躍をお祈りしております。

さあ、このストーリーをウェブマーケティングに役立ててみませんか?