ウェブサイトで町おこし   ~震災を乗り越えて~

A Success Story: Webnode Simplified My Life

 今月のWebnodeサクセスストーリーはマルコ・トネリさんのウェブサイトです。20111025日のイタリアのトスカーナ、リグーリア、エミリア=ロマーニャ地方の間にあるルニジャーナの大洪水後、マルコさんはルニジャーナ観光協会と共同でこの美しい街の知名度を上げるために、このウェブサイトを立ち上げました。このウェブサイトを見るだけでルニジャーナ旅行のための必要な情報が全て見つかります。

 

 

 

ウェブサイトを立ち上げるアイデアはどのようなものだったのですか?またウェブサイトを使ってなにを伝えたいと思いましたか?

このウェブサイトwww.visitlunigiana.itは観光事業に従事する人たちの思いから作られました。彼らはツアーガイドやキャンペーンとコラボレーションしてもっと観光客が簡単にルニジャーナで開催されるイベントに参加したり、ルニジャーナの製品を手に取る機会を作ったりできればと思っていたんです。

このウェブサイトを立ち上げるきっかけになったのが、2011年10月25日にこの美しいルニジャーナを襲った大洪水です。これをきっかけにルニジャーナの観光協会が立ち上がったんです。

 

この地域であるイベントやアクティビティーを観光客に知らせるのもこのウェブサイトの目的だったのですか?

このウェブサイトはマッサ=カッラーラ県でなにができるかを載せるだけではなく、メンバーの取り組みやこの地域でのイベント、観光客が簡単にリアルタイムでなにかしらのアップデートや写真、また地図などを見られる観光協会が運営しているソーシャルメディアのページや他の関係するウェブサイトとの繋ぎ役にもなっています。

 

ルニジャーナ ウェブサイト

The homepage of www.visitlunigiana.it

このウェブサイトのデザインはウェブサイトを訪問した方に分かりやすくなるように、専門の人に頼んでCSSを変更してもらいました。ウィジェットなども使用していますが、ほとんどはGoogleで探したときにも表示されやすいように良い内容のウェブサイトを作ることを目標としました。

ウェブサイトは休まずアップデートしています。また、新しいコーナーや英語だけではなく他の言語にも対応する予定でいたんですけど、ついこの間完成しました。このグラフィックはシンプルであってわかりやすいWebnodeのテンプレートのCSSを少しだけ変えて、イメージを調整などして作りました。でもこれはすぐにモバイルバージョンと同様に最近Webnodeで発表されたレスポンシブテンプレートに変更される予定なんです。ウェブサイトの管理、編集ページは本当にウェブサイトの編集メンバーからも好評で、使いやすいです。「Lunigiana(ルニジャーナ)」と検索エンジンに入力すれば、検索結果で1ページ目に表示されます。WebnodeのSEO対策ツールやウィジェットには本当に満足です。

 

ウェブサイトを維持することは英語版も含めて、何クリックかしてもらったら分かるかと思いますが、かなり根気のいる仕事です。でもWebnodeのおかげで可能になりました。また、雛形が用意されているのも、Webnodeの良いところだと思います。

このウェブサイトは私がアンドレア・ペッリーニと協会のメンバーと協力してデザインしました。英訳はシモナ・ポッリが担当しました。このプロジェクトを始める際、私は協会のメンバーにWebnodeを勧めました。他の同じようなサービスを提供していると違って、パソコンにあまり馴染みのない人でも簡単に内容を追加できて、それと同時に、事前に用意のされたテンプレートを元に自分たちの味を少しだけ出したいと思っている僕のような人たちにはとても便利です。

Webnodeについて、私はオンラインでWebnodeを知って、友達のウェブサイトを作る際に実際に試して観ました。現在は私は5つのプロジェクトを抱えていて、そのうちの3つではコラボレーターとして編集に従事してます。あと、7歳の息子のために彼が書いた絵やコメントを載せられる練習用ウェブサイトを作ってあげたんです。なんと言えばいいでしょうか…Webnodeはわたしの生活を本当に簡単にしてくれたという感じですかね。

 

マルコさん、パートナーのアンドレアさんやルニジャーナ観光協会の皆さんのさらなる発展を心よりお祈りひております。インタビューにご協力いただき、ありがとうございました。

あなたのサクセスストーリーもシェアしませんか?こちらまであなたのウェブサイトを送ってください!