SEO – 検索エンジンに自分のサイトを認識させよう

SEO – 検索エンジンにホームページ登録

GoogleやYahooのような検索エンジンは、自分のインデックスロボットを使ってウェブサイトをランダムに巡回し、内容を記録しています。このプロセスは自動的に行われるのであなたが特別に禁じない限り、最終的には検索エンジンにサイトが登録されることになります。ただ、時間がかかります。。。 

世界では毎分380もの新しいサイトが生まれています。1日に換算するだけでもものすごい数でそれをすべて検索エンジン拾ってインデックスできる(登録できる)までには何か月もかかります。またロボットが自動的にすべてのページを見つけてくれる保証はありません。

でもいい方法があります。検索エンジンに自分でサイトの存在を叫んでしまうのです。インデックスに直接サイトが情報を送るよりももっと簡単な方法です。

検索エンジンに手っ取り早くサイトの存在を伝えるには、  無料で使える便利ツールGoogle Search Console(サーチコンソール)を利用します。

(Yahoo 検索は2020年5月現在、Googleの仕組みを使っていますのでGoogleのサーチコンソールに登録すればYahooの検索結果にも反映されます。)

サーチコンソールで何をするか 

4つの簡単なステップで全ての設定が完了します:

  1. サーチコンソールに登録(Googleのアカウントがあればそれでサインイン)、プロパティを作成します。
  2. Webnodeの編集画面にログインし、サーチコンソールからコピーしたHTMLコードを最初のページのヘッダーに入れます。
  3. サーチコンソールの画面で所有権の確認をします。
  4. サイトマップをサーチコンソールに入れて、今後のインデックスが簡単にできるようにします。

Webnodeの使い方ページでより詳しい説明を見れば全体のプロセスが確認できます。サーチコンソールは便利な機能がたくさんあるので、ちょっと面倒くさい設定もやる価値が十分あります。

メリット1:Googleに好かれるサイトの作成を助けてくれる

サーチコンソールでは、修正が必要なエラーがページにあったり、ロボットが巡回して情報が拾えないページを知らせてくれます。Googleに特定のアドレスを指定して、すでにインデックスされているか、巡回が済んでいるか、またモバイルフレンドリーかどうかなどのチェックもできます。新しくページを作成したら、「URL 検査ツール」を使って検索エンジンに情報が伝わったか確認しましょう。まだコンテンツが完成していない場合は完成後に。Googleに未完成のページの情報を渡して評価を下げることがないように気を付けます。

Googleがあなたのサイトで怪しげなことが起こり、ほかに悪い影響を与える可能性があると判断した場合、(マルウェア、フィッシング、ハッキングされたサイトなど)サーチコンソールでお知らせがきます。

前回のリンクの重要性についての記事を読んで、内部リンクについて行動を始めたあなた、サーチコンソールは一番リンクされているページや内部リンク数を教えてくれます。外部リンクでは、ほかのサイトから最もリンクされているページや自分のページにリンクしている上位のサイトなどを調べて分析できます。

メリット2:サイトパフォーマンスを丸裸に

自分のサイトのパフォーマンスをサーチコンソールでチェック

Webnodeで作った自分のサイトのパフォーマンスを分析する目的でも、サーチコンソールは役立ちます。この機能はサーチコンソールの中でも一番使える機能かもしれません。どのキーワードで検索エンジンの検索結果に表示されているか、全体で何回表示されたか、クリックされた数や検索結果での平均順位などもわかってしまいます。これらのデータを定期的にモニターして行動を起こせば、サイトのパフォーマンスは各段に改善します。

サーチコンソールには速度レポートというものもあります。サイトのロード時間も検証し、あなたのサイトページのロードスピードが遅いかどうか、速度ステータス(低速、中速、高速)で知らせてくれます。Googleの PageSpeed Insights(ページスピードインサイト)と一緒に使えば、サイトのロード時間が遅すぎて読み手が離脱してしまうことを防げます。

そのほかにどこに登録すれば?

検索エンジン以外でもといって会社や同じようなテーマのサイトをリスト化したものを見ることができるオンラインカタログがあります。これらはサイトディレクトリと呼ばれ、検索エンジンが運営しているものもありますが、これらに登録すると新規アクセスが増えることもあります。

2つ大きなものを挙げると:

Google マイビジネス

Yahoo プレイス 

ほかにもたくさんの地域限定などのディレクトリがあります。登録する前に質や効果などを確認しましょう。ちゃんとしたサイトでない場合、自分のサイトの評価を逆に下げてしまうこともあります。

覚えておくこと

検索エンジンに積極的に新しいページや更新したコンテンツについて情報をアップデートしましょう。検索エンジンは自動的に新しい情報すべてを拾えないからです。定期的にGoogleサーチコンソールで集まったデータをチェックしていけば、サイトの成功は近くなります。

 

今後のラインナップ:

  1. SEO (検索エンジン最適化) きほんのき
  2. SEO – 各ステップと全体像をみてみよう
  3. SEO – 戦略を立ててみよう
  4. SEO -WebnodeエディターでSEO設定– タイトル、ディスクリプション、キーワード
  5. SEO -サイトのリンクを活用しよう
  6. SEO – 検索エンジンに自分のサイトを認識させよう
  7. SEO-SNSを活用して集客アップするコツ
  8. SEOとデータ分析
  9. SEOとモバイルファーストインデックス

 

検索エンジンにサイトの情報を登録しましたか?サーチコンソールの機能は役に立ちましたか?ぜひコメントお願いします。