集客の必須策:リンクビルディングの5ステップ

リンクビルディングやバックリンク(被リンク)の構築という言葉を聞いたことがありますか?これはあなたのサイトに集まるリンクの数を継続的に増やしていくことで、検索エンジンでの掲載結果を安定させ、アクセス数を増やすために、つまり集客するためにとても効果がある手法です。どうやって初めの一歩を踏み出したらいいかご案内します!

世の中にはバックリンクを集めるために多くの方法がありますが、その中で代表的なものを見ていきましょう。

1. ナチュラルリンク

リンク構築の中でも、一番効果的だけど一番難しい方法がナチュラルリンクを集めることです。基本的には、あなたのホームページを訪れた人が、あなたのコンテンツを気に入って自分のブログやサイトの記事、SNSでそのコンテンツについてシェアや触れてくれることを指します。このようなリンクを集めるには素晴らしいコンテンツを作ることが必要になります。この方法は効果は素晴らしいですが、完全にこれのみに頼ることはできません。

「素晴らしいコンテンツ」とは例えばケーススタディ(実際にやってみたことの結果をまとめる)、ソフトなどの使い方ガイドインフォグラフィック(図でわかりやすくデータを分析したもの)など、「あ!これいい」と人がシェアしてくれそうなものがあります。インフォグラフィックはオンラインで作成できるソフトがたくさんあるので、自分でオリジナルを作ってみてサイトに入れるのもおすすめです。例えば EasellyInfogramはよく使われています。インフォグラフィックのアイディアを膨らませるために、Survio.comが出しているこちらの例をみてみてください。この会社はオンラインのアンケ―トサイトのサービスをしていますが、創立1周年に社の紹介を目的としてこのインフォグラフィックを作りました。

2. パートナーシップ

ほかのリンクビルディングの方法は、自分のサイトが提供しているサービスやテーマと似たようなほかのサイトと、相互にリンクを張り合う方法です。相手が了解すれば、今まで競合だと認識していたサイトでもよいでしょう。ほかにあなたのサプライヤーや取引会社との相互リンクもおすすめ。例えば、あなたが家具ショップを経営しているとします。そのショップに卸売りをしている会社のホームページにあなたのショップのサイトのリンクを張ってもらうのです。お返しに、あなたも自分のショップサイトにその会社のホームページのリンクを載せます。このような提携はどちらにもメリットがあります。どちらのサイトも集客力が上がります。このような相互のリンクをはるパートナーシップでは、まず始める時に、相手がオファーしてくれる内容だけでなく、相手にあなたのサイトがどのようなメリットをもたらすのかをいつも考えて、その内容を提案するとやりやすくなります。

3. ディレクトリやカタログ

ディレクトリは電話帳のようなもの。オンライン上には、数多くのディレクトリがあふれかえっています。今までに登録を考えたことがある方もいるかもしれません。このようなサービスの代表格だったYahoo!カテゴリは2018年に廃止され、このような広範囲のサイトからのリンクは見直されています。今は各サービスや地域に特化したディレクトリがよりニーズがあるようです。

もしあなたのビジネスが地域に根差したものであれば、エキテンや地域限定のサイト、iタウンページなどに登録してみましょう。また最近では各業界やサービスに特化したポータルサイトもあります。自分の提供しているサービスをまとめているサイトがないかチェックして、よさそうなら登録してみましょう。質の悪いディレクトリサービスもあるので、何でもかんでも登録することはやめ、選ぶ際には慎重に。迷ったら信頼性があってアクセスも多いGoogleマイビジネスYahoo!プレイスの二つをとりあえず導入してみましょう。 ホームページの内容とディレクトリとの関連性があるかもチェックします。あなたのサービスがかなりの「隙間ビジネス」であれば、もしかするとそのサービス専門のディレクトリサービスがあるかもしれません。中にはスパムまがいの低レベルランダムリンクが多いディレクトリもあるので要注意。

リンク構築一手、Googleマイビジネス
Googleマイビジネス

4. 記事を書く

リンクをしてもらうために有効な方法として、あなたのブログやホームページに関連の深い内容を扱っている他のブログに協力をお願いすることがあります。あなたが家具ショップを運営している場合、例えば「いいデザインの家具を選ぶ方法」や「インテリアデザイン」についてブログ記事を出している個人や会社にコンタクトしてみましょう。

あなたが、最近よく売れているトレンド情報、家具の新製品の情報を提供したら、ブログの管理者があなたの家具ショップについて記事を書く提案をしてくれるかもしれません。あなた自身が記事を書いて、それを載せてもらうなど、ブログ管理者の負担を軽くすることもできます。あなたが記事を書く場合は、そのブログの読者が「いいな」と思ってくれそうでかつ質の高い記事、かつ、あなたのショップの宣伝をしすぎないよう気を付けます。あなたは家具の専門家であるので、そのような視点で記事を書くと、管理者は喜んで掲載してリンクを張ってくれるかもしれません。そうなればあなたのサイトにもそのブログからのアクセスが増えるでしょう。

5. 内部リンク

一番簡単かもしれませんが、同じホームページ内で別のページへのリンクをはることも検索エンジン最適化につながります。これについてはこちらの記事で詳細を説明しています。このやり方はネットショップで特に便利で、商品ページに似たような別の商品や関連商品のリンクを張ってディスプレイできます。例えば、ズボンを紹介しているページにベルトのページのリンクを入れます。お客様にとって利便性が高いだけでなく、リンクを構築することでほかの商品ページへのアクセスも増えて売上を上げる機会が増えます。 

どのリンクビルディング戦略が一番はじめやすそうですか?以下にコメントをぜひお願いします。