今すぐマスター:フォームの便利な使い方

Googleフォームの便利な使い方

ECサイトで新商品をこれから販売する予定?それならまず問合せフォームを作りましょう。セールの案内を送るために入力フォームが必要? 心配ご無用。WebnodeとGoogleフォームの作り方を伝授します。

注文フォームや問合せフォーム、予約フォームなど色々な場面でフォームを使いたいなと思ったことはあるはず。そのようなほとんどの場面で直接Webnodeの編集画面で自分にあったものを作成できます。クリックだけでお問い合わせフォームをそのまま入れてもいいし、自分でカスタマイズすることも可能。ほかにも:

  • 個別に項目を追加、削除
  • 項目名の変更
  • 必須かどうかの選択
  • お客様に「ありがとう」ページを表示するなど、フォーム送信後どのようなことをするかを決める

上記のような機能はWebnodeの画面で操作できます。こちらで使い方をチェック。もっと違ったフォームを作りたい場合やほかにもどんなことができるか見たい場合、Googleフォームも試す価値ありです。使いこなせれば本当に便利。ぜひやってみませんか?

Googleドキュメントとは何ぞや? 

かんたんに言うと、 – オンライン上でできるMSオフィスの無料版といったところでしょうか?ここで文書も作れるし、表やプレゼンテーションもできます。全部のファイルは特定の人とシェアしたり自分のウェブ上で公開が可能。使うための条件は1つ。Googleのアカウントを使うこと。このアカウントはメールアカウントであるgmail.comを持つメールアドレスと同じで便利です。

アメリカの学校では宿題をすべてこのGoogleドキュメントを通して提出しているところもあります。プレゼンテーションもGoogle スライドのアドレスをシェアするだけ。データをメールなどに添付しなくていいので本当に簡単です。

Googleフォームの作り方

ここからはすでにGoogleのアカウントをすでにお持ちだとして進めます。いっしょにGmailのメールアドレスも取得されていると思います。そうすればダイレクトにGoogleドライブの自動的に使えるスペースにアクセスできます。そこではカラフルな”+新規”ボタンで新規文書の選択ができ、すぐに作成に取り掛かれます。 ここではGoogleフォームを選択します。

新規Googleフォーム作成

Googleフォームは一体どうなっているか、それから「まず最初に」何をすればいいのでしょうか?

例:

  • フォームに名前を付けて「無題のフォーム」の欄に入力し、その下に説明を加えます。
  • フォントや色を変えたり、画像をヘッダーに入れます
  • 項目を追加したり、コピーしたり、ボタンやプルダウンの選択をします
フォーム画面の右上のパレットから色々な見た目の設定ができます
ブロックごとの設定は右側に出てくるパネルから
右上の歯車マークで色々な設定ができます。メールアドレスを収集することをお忘れなく
入力された内容をも整理してみることが可能です。緑のアイコンをクリックで自動的にGoogleスプレッドシートへ出力できます

ポイント: Goolgleフォームでテスト(試験)ができてオンラインで採点までしちゃうって知ってました?右上の歯車マークをクリックして「テスト」を選択すれば 成績をいつ表示するかや何を表示するかを選択できます。

フォームを使ったテストの設定

Webフォームのやり方とは?

ここまでで、Googleフォームでどんなことができるかつかめましたか?フォームができたら公開しましょう。公開方法はいくつかあるのでご紹介しますね。

  1. メールで送信してシェアする – 送信先を選んでフォームを送ります。この場合、メールの題名や送信内容は自動的に設定されます。
  2. リンクでシェアする – ちなみにGoogleドキュメントはすべて個別のリンクアドレスを持っていて、その一つ一つに違う権限を与えてシェアできます。(閲覧のみ、編集者、コメント可能)
  3. 自分のウェブ上で直接公開する – これが一番重要で一番使う方法かもしれません。2回クリックするだけでできてしまいます。まず「送信」ボタンをクリックして出てきた画面より一番右の”<>とんがりかっこ”を選びます。「HTML を埋め込む」が出てきたらもう出来たも同然!このコードをコピーして自分のホームページの好きな場所に挿入すれば完了です。 HTMLコードの挿入の仕方はこちらのガイドで確認してみてください。
フォームを送信したりシェアしたりも直観的

フォームを使えそうなシーンが頭に浮かんできましたか?どんな機能が使えそうでしょうか? Webnodeの基本版かGoogleでもっと複雑な構成をやってみますか?ほかにもCrowdSignalWufooなどのサービスもあります。ぜひご自分のやり方をシェアしてくださいね。