完全ガイド- サイトのSEO対策 全手順

SEO対策 やり方 全ガイド

Index

検索エンジン最適化とは?

自分で起業していてそのサイトを持っている場合でも、ネットショップやブログ、個人的なホームページでも、ネット上で存在価値を上げることは必須です。

SEOはこの存在価値を上げるためによく使われる手法で、Search Engine Optimization(検索エンジン最適化)の頭文字からなりたっています。 

SEOはあなたのサイトの自然検索結果を改善するマーケティングの1手法とも定義されています。ブラウザ上に探したい言葉を入力して検索した時に出てくるリンクのことでもあります。

自然検索はこんな風に表示されます

自然検索はこんな風に表示されます

上記であるように、リンクの中には「広告」と表示があるものもあり、この枠は有償の広告枠として確保されています。あなたのサイトは広告枠を買わなくても自然に検索結果に載ります。ただ、上記の例で4600万もの検索結果が出てきているように、人の目に触れるような検索順位に入るにはある程度のSEO対策をすることが必要です。クリック課金型(PPC)と呼ばれる広告枠にお金を払って投資することもできます。

PPCとはオンライン広告のモデルの一つで、広告主は検索結果の順位を決めるオークションに参加します。このオークションでうまくいけば広告が掲載されます。しかし広告主は広告がクリックされる毎に広告料を払わなくてはなりません。自分のサイトへのアクセスに対してお金を払う形式です。アクセスを自然に取得しようとするSEOとは異なります。

SEOにもPPCにもメリットとデメリットがあります:

SEO メリットPPC メリット
無料で集客できるすぐに結果が見える
自然検索の方が結果が安定している有料のアクセスは影響が大きい
SEO デメリットPPC デメリット
結果が出るまでに時間がかかるクリック毎に料金がかかる
結果には複数の要因が影響しているので予想しにくいかけられる費用によって結果が左右される

SEO vs PPCのメリットとデメリット

SEOをもっと理解するために以下のように分類してみます:

内部、外部SEO要因

  • 内部SEOにはサイト上であなたが直接できる設定や調整があります。例えば、タイトルやメタディスクリプションと呼ばれる説明文を設定するなどがあります。これに対して外部SEOは サイトの外での対策になり、被リンクを構築したり、SNSなどでの活動を指します。


  • 内部SEOのメリットは全部自分で管理ができることです。外部SEOの対策はそれに対し、それほど簡単には実行できません。例えば被リンクを得ることはタイトルをウェブページに設定するようにすぐにはできません。ただ外部SEO要因はページのランキングに大きな影響を与えます。関連性のある被リンクが権威あるサイトからのものであれば、検索エンジンでの優位性はページタイトルを設定するよりもはるかに大きくなります。

真実を提供し、質の高い情報をきちんとアップデートしている検索エンジンに信頼されているサイトは権威あるものとみなされます。サイトに人気があれば、ほかのサイトでも紹介されたり、SNS等でもシェアされているはずです。そのためそのようなサイトはウェブの歴史も深く、見つけられやすいです。

テクニカルとコンテンツSEO

  • テクニカルSEOはあなたのサイトを安全にそしてインデックスされるようにする方策のことです。これはアクセスしてくれた人に対してあなたのサイトが面白いかどうかとは無関係ですが、きちんと対策をしているテクニカルSEOでは、第一にユーザーがちゃんとアクセスできます。そのため技術的なミスは致命的。テクニカルSEOにはドメイン登録やその設定、ページスピードの最適化等が含まれます。

  • テクニカルとコンテンツSEO
  • コンテンツSEOはサイトのコンテンツの質を改善しようとする方策を指し、ユーザーにとってサイトの魅力が増し、検索結果での順位が上位になることが期待できます。コンテンツSEOにはタイトルやメタディスクリプションの設定やキーワード分析があります。(以下参照)

  • テクニカルとコンテンツSEO
  • テクニカルSEO、コンテンツSEOどちらもサイトにとっては重要です。両方をまんべんなく取り組みことがベストですが、WebnodeではテクニカルSEOをすべてシステム上で行っているため、コンテンツSEOのみに集中すれば大丈夫です。

ホワイトハットとブラックハットSEO

  • SEO対策はその合法性によっても分類されることがあります。ホワイトハットテクニックはGoogleによってサポートされている手法で、このテクニックを使うとあなたのサイトは長期にわたって恩恵を受けることができます。

  • テクニカルとコンテンツSEO
  • これに対しブラックハットSEOと呼ばれる手法は、ランキングを決めるアルゴリズムを巧みにかわし、検索エンジンの表示結果でのページの表示を人工的に改善しようとします。ブラックハットSEOをしてしまうと、サイトにペナルティが与えられてしまう危険性があります。

  • グレーハットSEOのテクニックもあります。Googleからはサポートされていません。また、現時点では検出が難しいものがあります。

SEOって一体どうなってるの?

Googleのような検索エンジンのミッションはシンプル – トピックに沿ったすべてのコンテンツを探し出し、ユーザーの問いに対する答えとしての質や関連性を元に並び変えます。

自分のサイトのSEOに取り組む場合「このサイトは関係性が深いよ、内容もちゃんとしてるし、ほかの同じような内容を載せているサイトよりもアクセスしやすいよ」と検索エンジンを説得することになります。

目的は、検索結果であなたのサイトが検索している人にちゃんと見えること。より多くのフレーズをコンテンツに散りばめたり、検索エンジンでの表示結果が上位であれば、もっとアクセスが増えることにつながります。このようなSEO施策の具体的なものは例えば:

  • キーワード分析 (下記参照)
  • 競合のコンテンツ分析
  • ウェブスピード最適化
  • モバイル端末最適化
  • 被リンク構築

SEOは長期にわたる継続的なプロセスです。そのためまず戦略を立てることをおすすめします。つまり優先順位をつけ、段階的ににいろいろなSEO手法を実行していくことが大切になります。例えばこのようなやり方があります:

取り組むSEO手法を選択 →自分のサイトで実行する → 自然検索のアクセス数がどれくらい改善したのか評価する

戦略を立てておけば、実践が容易になり最適化の方向も見えてきます。サイトは一つ一つ違い、それぞれ発展の段階も異なるため、SEO戦略も一つ一つのサイトによって異なり、サイトの発展度合いによっても違います。例えば、新しく立ち上げたブログのSEO戦略はこんな感じです:

  1. キーワード分析
    • (以下参照)何を書けばいいのかの道しるべになります

  2. 検索結果上位のページ分析
    • どんなコンテンツが最適なのかわかります

  3. キーフレーズを使った記事を書く
    • 競合より良いもしくは違ったコンテンツを作成します

  4. 内部リンク設定
  5. クリック率最適化
    • 検索エンジンでよりクリックしてもらうために、タイトルやメタディスクリプションを改善したりリッチスニペットを最適化します。

  6. 音声やビデオコンテンツの作成
    • 自分にしかできないコンテンツを作ってみましょう

  7. ソーシャルメディアで記事を拡散する
    • もっとたくさんの人に読んでもらえるようにサイトへのアクセスを促進できます

  8. 公開したコンテンツや記事にリンクをはってもらう
  9. 記事の更新
    • 新しい検索トレンドに合わせて自分のコンテンツをアップデートしてより改善していきます

リッチスニペットは検索ページの1要素で、星を使った格付けや画像などを含み、リンクを視覚的にもっと魅力的にするものです。

なぜウェブサイトの最適化が必要か

どうして検索エンジン最適化が重要かわかりますか?集客を増やす方法が新たに増えることだけではないのです。SEOはサイトの見た目や質を上げることに影響するため、結果的にあなたのサイトのへのルート全体の成長に役立ちます。では最適化によって一体どんな効果があるのでしょうか?

  • あなたのサイトのが検索エンジンの掲載結果順位が上がります

  • サイトのへのアクセスのしやすさが向上します。「ユーザーエクスペリエンス」と呼ばれる、ユーザーがあなたのサイトでどのように他のページに行きやすいかなども、どの端末からでもどんなネット環境かということにも影響されずに改善できます。

  • ユーザにとってサイトのが探検しやすくなります。そうすると数クリックで自分の行きたいコンテンツに効果的に行くことができます。

  • 読み手にあなたのサイトに長くとどまってもらえます。必要な情報が見つかりやすく、一か所で知りたいことがわかるので滞在が長くなります。

  • 有料の検索広告で得られた順位も、投資として回収できるのでのちのち節約になります。

サイトにアクセスした人すべてがこのようなメリットを得ています。あなたのドメインにより強い格付けを与え、サイトの評判を良くしたりすることにもつながります。

検索エンジン最適化の目的とは

多くの人は、SEOの目的は「Googleや他の検索エンジンにとって良いことをする」ことだと思っていますが、実際にはSEOの目的は「検索する人々を喜ばせること」なのです。検索エンジンは人の行動にしか反応できません。人々のニーズを想像し、掲載結果を探している状況に合わせて変えようとしているのです。

Googleはアルゴリズムと呼ばれる評価方法を開発してきました。これはサイトの評価をするための指標で、検索結果に現れるページのリストはこの評価によって順番を変えられて表示されます。このアルゴリズムは常に発展して改善されていて、Googleは実際に毎月更新を発表しています。しかしながらこのアルゴリズムそのものは公開されていません。

それでも、Googleのランキングのアルゴリズムに関連して影響があったものをまとめた経験値のリストは積み上がっていて、ランキングファクター(要因)と呼ばれています。たくさんの要因があり、否定できないほど大きな影響を与えるものもあれば、もしかしたらアルゴリズムとは無関係かもしれないと考えられるものもあります。ここでは重要なものを紹介します。

SEOに影響することが保証されている10個の重要な要因:

  1. 被リンク
    • リンクの質とあなたのサイトとつながっているドメインの数。

  2. 文脈と中身
    • Googleはコンテンツがユーザの質問や疑問にちゃんと応えられているかどうか考えています。自分の探しているものが、行ったそのページで見つかったかどうか、見つからずにさらに探さなければいけなかったかを見ているのです。

  3. ページロードスピード
    • 平均的なページのロードスピードは3秒。長くかかれば順位を下げます。反対に短く済む場合は評価が上がります。

  4. モバイル端末に適しているかどうか
    • ページが小さなスクリーンに対応していない場合は検索順位の結果が下がるようになります

  5. サイトの安全性
    • サイトがHTTPSに対応していない場合はマイナスの影響があります。

  6. サイトの信頼性
    • Googleはコンテンツがきちんと更新されているかどうか、情報が正しくアップデートされているかどうか、作者が自分の情報を出している、コンテンツがどのぐらいの頻度で更新されているかなどを重視しています。特に健康やお金に関わる情報については中身の信憑性はとても大事です(医薬品やローンに関する情報など)。

  7. ドメインとサイトのオーソリティー格ーについ
    • ドメインの格付けには、ドメインの年齢や被リンクの数が主に使われます。(ポイント1参照)

  8. 複雑さとコンテンツの正確さ
    • Google はあなたのコンテンツとほかのサイトを比べて、きちんとトピックに対して十分な情報を網羅し、正確で真実の情報を提供しているか判断します。

  9. ユーザエクスペリエンス
    • ユーザーがあなたのサイトをすぐに去っていないか、例えばポップアップや過剰な広告がのせいですぐにサイトを閉じていないかを見ています。

  10. ソーシャルシグナル
    • Googleはあなたのコンテンツやブランドがどのようにソーシャルメディアで取り上げられているかを調べています。

コンテンツやユーザエクスペリエンスが検索エンジン最適化に深く関わっている事は今までのことで明らかです。

SEOのゴールはユーザにとって分かりやすく知りたい情報にすぐにアクセスできることです。

このゴールを満たすためには次の3つの基本ステップが必要です:

  1. サイトがアクセスしやすい
    • どの端末からも安全で速いアクセスができること。Webnodeの全テンプレートはどの端末からでもアクセスしやすいように自動的に調整されます。

  2. 上質なコンテンツ
    • ブログを書きましょう。アクセスしてくれた人がどんな質問を聞くのかリスト化してページを作り、その回答に答えるようにしてみましょう。

  3. 迷わないサイト
    • シンプルでわかりやすいナビゲーションメニューを作り、リンクをはって関連のあるページに飛ぶようにします。Webnodeテンプレートは既にサンプルが入っているので簡単です。

Webnodeのようなサイト作成ツールでサイトを作った場合、このアクセスしやすさと安全性はすでにつけてあります。コンテンツに集中すればOKです。

上記のようなステップを踏んでいけば、ユーザーを満足させられると同時に、ネットでの販売、サービス提供、お問合せフォームに入力してもらったり、中身をよく読んでもらうなどのサイトの目的も果たすことができるでしょう。

SEOを始めてからどのぐらいの時間で結果が出るか

seoはワンクリックしただけでは完成しません。継続的にコツコツとやっていくプロセスなので、結果につなげるには:

  • 定期的にコンテンツを作成する

  • 常にサイトが公開されてきちんと表示されているかを定期的に確認し、リンクが作動しているか、404エラーページ(削除されたページ)に飛んでいないかをチェックする

  • ドメインのランク形成を確立する - リンクをはってもらったり、ソーシャルメディアでページを宣伝したり、ディスカッションフォーラム等に参加して自分のページをアピールするなど

SEOではそのパフォーマンスを評価するのは簡単ではありません。すべてのウェブサイト一つ一つは世界に1つだけのもの。そのためマイルストーンを設置することが重要です。このマイルストーンがあれば、時間軸で優先順位をつけてどのようなことをすればいいのか計画を立てることができます。例えばこんなものを考えます。

「6ヶ月以内に1日の自然検索数100アクセスを継続的に達成する」

このマイルストーンがあればあなたは今:

  1. 何を優先すべきかわかる
    • 上記例の場合、集客力を上げることが必要です。サイトのコンテンツに集中しましょう。ブログを作成することが理想的。どんなことを書けばいいかって?キーワード分析をしてみましょう(以下参照)

  2. 結果はいつ来るのかを予想できる
    • マイルストーンがあれば、コンテンツ作成計画を立てることができます。例えば検索数が多かったベスト5について記事を作成するなど

  3. 成功の評価方法がわかる
    • このマイルストーンは、どの指標をチェックすべきか決めるのに役立ちます。つまりどの分析ツールを使えばいいのかも自然に見えてきます。例えば便利なGoogleサーチコンソール でパフォーマンスの概要を確認してみましょう。どのフレーズがどのぐらい検索されてあなたのサイトに来たのか、すぐにわかります。ほかにも Ahrefsウェブマスターツールも無料で使える優れもの。またGoogleアナリティクスの集客リポートでは、あなたの記事にどのくらいアクセスがあって、サイトに毎日どのぐらいの人が来てくれたかを見ることができます:検索エンジンだけでなくソーシャルメディアや他のサイトからのアクセスもカウントされます。このリポートはどのオンラインマーケティング戦略が1番あなたのサイトにアクセスをもたらしてくれるかを知ることができます。

    • さあこれで成功を評価する方法がわかりました。ゼロだった1日の自然検索のアクセス数が120になれば、120%の成功率といえます。また、この目標を達成するためにどの対策が役に立ったか分かります。今までの戦略が正しかったか、それとも自分が設定した目標が現実的だったかもこで分かります。

Google Search ConsoleはGoogleが出している無料のツール。あなたのサイトをチェックして検索エンジンでどう見られているか評価を知ったり、エラーなどの確認ができます。

Ahrefsウェブマスターツールもサイトの診断をしてくれる無料のSEOツール。ウェブページをスキャンし、問題点を見つけ出してくれます。キーワードや被リンクの監視もできる優れものです。

Google アナリティクスはGoogleが提供している無料ウェブ分析サービスで、サイトの訪問者の情報を分析できます。

Google アナリティクス集客レポートは、あなたのサイトにどうやってアクセスが集まったかを教えてくれます:検索エンジン経由だけでなく、SNSやほかのサイトからの紹介など、このレポートではどのオンラインマーケティング戦略が功を奏していて、一番集客できているかのデータを見られます。

もっと色々なマイルストーンを設定してみましょう。これがあれば、現実的に、施策をはじめてから結果が出るまでどのくらいの時間をSEOのために見ておけばいいか予想できるようになるでしょう。そうすればよりもっと現実的でより良い計画を将来的に立てることができ、ゴールや理想が叶いやすくなるはずです。

WebnodeではどうSEOする?

Webnodeではサイトの最適化のために何をしてくれるの?

Webnodeのホームページ作成ツールを使ってホームページを作る場合、検索エンジン最適化のための時間もお金も大幅に削減できます。結構大きいことです。あなたのSEOやることリストのうち、Webnodeが解決できることを見てみましょう:

  1. Webnodeのサイトはレスポンシブウェブサイト

リサーチによると、ネット閲覧をスマホなどのモバイル端末だけで行っている人は51%以上。この数字は毎年増えていく見通しです。

Googleはこのためいわゆるモバイルファーストインデクシングと言う方式に転換しました。これはGoogleがモバイル端末としてページを循環して情報を収集するもので、モバイル端末のディスプレイできちんとした表示ができることを1つの優先条件としています。ウェブサイトのスマホ版がなければマイナスポイントが付いてしまうので、とても重要な評価の軸となります。

私たちができる事は2つに1つ。スマホ用のサイトを作るか、レスポンシブデザインを採用するかです。モバイル版のホームページの場合は、モバイル版のみカスタマイズされますが、レスポンシブの場合はPC版と同じサイトが小さなサイズのディスプレイにも対応できるように自動で調整されます。画像やタイトルテキスト、他の構成要素も同じまま、そのサイズやレイアウトなどが見やすく変わるだけ。どちらのやり方をとってもいいですが、Googleにとって重要なのはきちんと表示がされることです。

すべてのWebnodeテンプレートはレスポンシブ対応。これは私たちがこのモバイルファーストインデックスを真面目に捉えているからです。Webnodeのサイト作成ツール自体もモバイル端末からアクセスできるので、コンテンツを編集したりすることも、あなたのスマホやタブレットからできちゃいます。

  1. Webnodeはサイトの安全性を重視しています

今までGoogleなどの検索エンジンを見ていて「このサイトは安全ではありません」などのメッセージが出た事はありませんか?安全性もGoogleのアルゴリズムの中で評価の重要な要因となっていて、安全性が低いホームページは検索結果で不利になるようになっています。

安全サイト接続のアイコン

安全サイト接続のアイコン

WebnodeはHTTPSを使用し、SSL証明書を発行してサイトの安全性をで保っています。何もしなくても、Webnodeで作ったサイトはアクセスしてくれる人に安全な接続ができるのでご心配なく。Webnodeは無料のSSL証明書を発行していて、あなたのドメインが独自ドメインでも同様に安全性が保たれますす。

HTTPS(= HyperText Transfer Protocol Secure) は、ウェブページのやり取りをする際に使うHTTPインターネットプロトコルを暗号化したものです。このプロトコルはSSLやTSLアルゴリズムを使い、すべての 送信情報を暗号化することで、ウェブサーバーへのアクセスを安全に行えるようにしました。これはクレジットカード番号など秘匿情報を扱う際には必須なものです。

  1. Webnod作成のURLはユーザーフレンドリー

すべてのホームページはただ1つだけのサイトアドレスを持っています。私たちがこのアドレスをブラウザのアドレスバーに書き込むと、直接このページに行けるようになっています。これがたくさんのユーザーが自分が好きなサイトに行ける仕組みです。しかしアドレスがとても長かったり、わけのわからない単語や覚えられないような文字を使っていたらどうでしょうか?このような長いものやランダムに並んだ文字列は覚えられないので入力するのが難しいだけでなく、素人っぽくて集客には向いていないですね。

 自分のページのURLを設定

自分のページのURLを設定

幸いなことにWebnodeでは総合的なURLを発行しています。エディターではアドレスを自動的に新しいページの名前から作っています。さらにURLのフォーマットを変更することが可能です。URLを作成する際のポイントをここに上げておきます。

  • まずアドレスはずっと使えるものであることが大事です。なぜなら各URL上には作った日から格付けがされていくからです。ページのコンテンツは時間とともに変更できますが、アドレスはなるべく同じものを使い、ほとんど変更は必要ないと思ったほうがいいでしょう。新しいアドレスは検索結果で大体古いアドレスに負けてしまう傾向があります。

  • ユーザーフレンドリーなURLは読みやすく覚えやすいもので信ぴょう性も高くなります。例えば、記事のタイトルをそのままブログのアドレスにした記事のアドレスはこのような感じです。    https://www.mydomain.com/natural-and-memorable-article-name/

  • 正しいアドレスの構造ではサイトがユーザにとってわかりやすくこのページに辿り着きやすいものになっています.。記事のアドレスはこんな感じ:https://www.mydomain.com/natural-and-memory-article-name/

でもちょっと注意。将来的にカテゴリーを変更することになった場合、この表示の仕方では正しく進めなくなってしまうデメリットもあります。アドレス名は慎重に選びましょう。

  1. Webnodeはサイトのスピードパフォーマンスを最適化

ページがロードされるスピードはGoogleの検索結果の順位を決めるとても重要な要因となっています。Webnodeのテンプレートはそのためこのスピードを重視して設計されています。

あなたのサイトのパフォーマンスは、画像やビデオのようなコンテンツのデータのサイズを最適化することによって大きな影響を受けます。同時にたくさんの数の広告を入れたりバナーやポップアップメッセージを入れることもやめましょう。このようなポイントを押さえておけばサイトスピードについて心配することはありません。

  1. Webnodeは重複コンテンツに対応

SEOでよくある問題はコンテンツの重複です。検索エンジンは同じことを繰り返す重複をネガティブなものとして捉えます。そして検索エンジンはそのままの文章のコピーでなくても内容自体が被っている場合は重複コンテンツとみなすこともあります。このような内容を見つけると検索エンジンは古い方や今までの格付けがある方を優先して考えます。他の重複されたページはこの場合無視されたり検索エンジンでは上位に登らなくなることがあります。この重複には2つの基本形式があります。

  1. 外部の重複- よくあるパターンとしてコンテンツがコピーされ他のページに掲載されているものです。Webnodeのサイトも例外ではありません。解決方法はシンプル:他の人が作ったコンテンツをコピーしないように。

  2. 内部の重複 -.同じサイト内で内容が全く同じコンテンツが複数出てくるものを指します。例えば似たような商品やカテゴリーが他の言語のバージョンのページで同じように掲載されているなどもこれに含まれます。Webnodeはこのような内部の重複に対応しています。

内部の重複によるものでは、いくつかのページが検索結果に出なくなったりGoogleの検索エンジンに登録されることに問題が発生する場合があります。たくさんの内容がサイトの内部で重複している場合は、サイト全体にペナルティーが課される危険性があります。違った種類の内部重複については別の案件として処理されます:

検索結果にあなたのサイトのコンテンツが掲載されるには、インデックス(サイトの目録)に含まれる必要があります。インデックスされるとは、検索エンジンのデータベースにウェブページのコンテンツの情報が取り入れられ、保存される仕組みです。検索エンジンのインデックスは、本の情報を収めた図書館の目録に似ています。しかし、本の代わりに検索エンジンの目録は、すべてのウェブサイトとそのアクセス情報、載っている内容のオリジナリティ、安全性、信頼性などの情報もリスト化します。検索エンジンがあなたのサイトに来たら、新しいコンテンツや更新されたページの情報を収集して、インデックスに登録します。

  1. リダイレクト
    • 古いページの重複コンテンツが現バージョンに、ステータスコード301を使ってリダイレクトされます。
    • URLを変更した場合、Webnodeは自動的にリダイレクト設定します。

  2. 多言語版による解決法
    • “hreflang”タグを使って、多言語での重複コンテンツをページ間で区別します。
    • Webnode ではサイトの多言語版が簡単に作成できます。この場合、ユーザーに hreflang タグを作成します。

  3. カノニカルバージョン
    • たくさんの重複ページ(例:同じ商品で複数の色展開をしているなど)がある場合、“rel canonical”タグが使われて優先的なページを決めます。
    • Webnodeのサイト作成ツールは、いろいろな商品やバリエーションを作成して正しいカノニカルバージョンを作ることができます。

ステータスコードは、あなたが検索エンジンやブラウザに対して送ったリクエストに対するサーバーの応答です。ステータスコード301はコンテンツが永久にほかの特定のURLに移動したことを指しています。

hreflang 属性はGoogleに、特定のページ上でどの言葉が使われ、どの国や地域向けに作られたかを知らせるものです。 例えば、あなたのホームページ上のページでドイツ向けにドイツ語で書かれたものとドイツ語でオーストリア向けに書かれた似たようなものがあるとします。検索エンジンは検索している人の属性に応じて違うページを表示します。

カノニカルタグは、検索エンジンに対して特定 URLが主要なページだと報せる際に使われます。このタグを使うと複数のサイトアドレスで同じコンテンツを使った場合に生じる問題を防ぐことができます。(例:同じ商品でサイズ違いや色違いのバリエーションに違うサイトアドレスを割り振っている場合など)カノニカルタグはどのページを検索結果に表示するべきか示します。

Webnodeでは内部重複の作成を避けるための対処ができます。

  1. Webnodeはドメインとホスティング両方を管理

ドメインはサイトアドレスです。これは人々が検索の際にあなたのサイトの名前として認識するものです。Webnodeは”OOOOO.webnode.jp”のようなサブドメインを使って無料でドメインを使う機会を提供しています。シンプルで速く、そしてコストをかけずにサイトを開始できる方法です。

あなたのホームページがプロっぽく見えるように、そしてもっと覚えてもらえるようにしたいと思っていれば、自分の独自ドメインを登録すればたくさんのメリットがあります:

  • 独自ドメインがあるサイトは信頼性のあるサイトとしての影響を、人にも検索エンジンをもたらすことができます

  • 独自ドメインは自分で決められるので、シンプルで簡単に覚えやすい物にすることができます

  • 独自ドメインはプロ仕様に見え、販促やブランド構築に役立ちます

  • 自分の独自ドメインを使ってメールアドレスを作成できます

Webnodeとはサーバーとも言われますが、ホスティングを提供してドメインの購入、登録、設定がスムーズに行くようにプロセス全体でお手伝いをしています。他のホスティングサービスを使う必要がなく一か所ですべてすみます。

ウェブホスティングサービスは第3者のサーバーにあるサイト用のスペースをレンタルできるものです。ホスティングでは、自分のサーバーを持つことなく、ネット上に自分のサイトを上げることができます。

そしてすでに登録済みのドメインを持っている場合もWebnodeに引っ越しして利用することが可能です。

Webnodeでは技術的な設定等は全てお任せできます。そのため、ドメインの名前を考えたりするような重要な仕事に自分のパワーを集中できます。ドメインは覚えやすくそしてあなたのサイトの中身と関連が深いものを選びましょう。

Webnodeのホームページ最適化の手順

Webnodeのホームページ作成ツールは、いろいろな最適化をあなたのためにやってくれます。しかし、重要な決定はいつもあなたの手にかかっています。何をしなければいけないのか、どうやったら一番よく最適化ができるのか見ていきましょう。

1. ナビゲーションとコンテンツの構造を作ろう

 ナビゲーションと構造はすべてのホームページにとって礎となるもの。非常に重要でユーザエクスペリエンスに直に影響します。

  • ユーザーは欲しい情報に即座に行き着け、サイト内で迷子になりません。

  • 検索エンジンにとっては、サイトの情報収集とページの登録を簡単にできます。

  • ナビゲーションの構造をデザインすることによって、コンテンツの計画を立てたり、どのキーワードやトピックをどこに入れるのがいいか判断したり、内部リンクのシステムの構築が楽にできるようになります。

ナビゲーション構造の作成って一体何をすればいいのでしょうか??

次の4つのシンプルステップを踏んでみましょう:

  1. まずあなたが作りたいサイトのセクションについて考えます。例:メインのページ、問い合わせページ、自分たちについて書いたページ、商品ページ、ブログ等。

  2. このようなページがどのように内部で関わっているかについて考えます。単にページのナビゲーションだけでなくテキスト内のリンクについても考えてみましょう。
    • リンクの構造とわかりやすい方向性を考えます。扱う内容に沿ってページをいくつかのグループに分けます。リンクを貼るときは、あまり重要でないページから重要なページやメインのページにリンクが行くように方向付けしてみましょう。

    • ゴールデンルール:アクセスしてくれた人が、サイトのどのページからでも最大3クリックで希望のページにたどり着くこと。ただしリンクを張りすぎて洪水にならないようにしましょう。

    • ページ同士には関係性があるはずで、そこにはリンクを向けます。特にテキストにリンクを張る場合の流れに注意しましょう。

  3. どんなナビゲーションになるか想像してみてください。どのくらいの階層にするべきでしょうか?メインメニュー以外に、例えばフッターにメニューは必要でしょうか?
ナビゲーション構造の視覚化の例

ナビゲーション構造の視覚化の例

  1. Webnodeテンプレートから自分の計画に合ったものを選んで、それをカスタマイズしましょう。

ナビゲーション構造を作成するのは創造的なプロセスです。自分がいいなと思っているサイトや競合のサイトをぜひ参考にしてみましょう。まずペンと紙を用意して、マインドマップを作成して考えを整理するのも1つの良い方法です。

2. サイトのコンテンツを最適化する

コンテンツは検索エンジン最適化の成功の基礎。品質の高いコンテンツなしにいくらタイトルやメタディスクリプションを設定しても十分な結果は得られません。あなたはアクセスしてくれる人のためにコンテンツを作っているのであって、ロボットのためではないことを常に頭に入れておきましょう。

検索エンジンはどのようにコンテンツの質を評価しているのでしょうか?ユーザの行動からです。コンテンツがきちんと内容を伝えるものでなければ、ユーザーはサイトをすぐに離れてもう戻ってくる事はないでしょう。このような行動は検索エンジンにとって、ページ評価を下げるシグナルになります。

ではどうしたらいいでしょうか?とても大事なことは自分のコンテンツやホームページのターゲットグループを決めて、彼らのニーズを把握しようとすることです。自分自身に聞いてみましょう。

  • このサイトは誰のためのものでしょうか?若い世代に適していますか?それとももう少し年配の人でしょうか?グループを絞ってみるとどのような人たちが想像できますか?

  • 彼らはどのような言語を使っているでしょうか?カジュアルな親しみやすい言葉でしょうか?それとも上品で丁寧な言葉でしょうか?

  • 読み手はあなたのページに対して画像や動画を求めているでしょうか?それともテキストだけの読むことに集中できるような内容でしょうか?

  • あなたのサイトはスマホから、それともパソコンからアクセスが多いでしょうか?

コンテンツを作成するときはサイトのナビゲーション構造に沿って行います。あなたの作業を簡単にするため、コンテンツの種類によってやることリストを作っておくと良いでしょう。リストはテキストに何を含めるべきか教えてくれて、階層や構造を保ったままサイト作成を進めることができます。例えばブログ記事のリストはこんな感じに:

  • 文章の長さ:最低 1500 – 最高 3000 字程度
  • 段落数: 15以上
  • 段落の行数:5行まで
  • 見出しは H2 と H3
  • 箇条書きと段落番号を使う
  • ぐっとくる(印象に残る)画像を使う
  • 内部リンクを2個以上入れる

コンテンツは常にほかにはないもので、サイトの目的やターゲットグループに合ったものでなければなりません。でもこんなポイントもあります。

  1. 文脈 – どのようなコンテンツをユーザを探しているでしょうか?やり方がわからなくて探しているのか、それとも評価を知りたいのか、比較した結果が知りたいのでしょうか?どのようなワードを使って検索していますか? このような情報は簡単に探せます。検索画面にキーフレーズを入れてみましょう。出てきた結果のトップ10を見てみます。どのようなコンテンツを作ればいいかイメージが沸きましたか?同時にどのようなコンテンツが他の人に作られているか、競合の情報を見ることもできます。これらを見てインスピレーションを受けてもいいし、見たものと全く違ったものを差別化として書いてみることも1つの戦略です。

  2. オリジナリティ– いつも自分の言葉で内容を書きましょう。競合のコンテンツは参考にはなるかもしれませんが、他のサイトからテキストをコピーしたり、言葉を移すのは絶対にやめましょう。これは違法であるばかりでなく、検索エンジンにも発見されます。そして元の作者がこれに気づいてしまうと訴えられる可能性もあります。そうではなく、自分のサイトを目立たせるのための戦略を練るために、競合内容を参考にしましょう。

  3. クオリティ -.要点を真っ直ぐついて重要な情報を提供しましょう。文脈にキーワードを自然に入れて、必要以上に繰り返す事はやめ、代わりに類義語を使いましょう。明白で自然な言葉を使うように心がけます。読みやすさをこころがけ、表言葉を止めてしまうことがないようにしましょう。

  4. 適切な文章構造 – 短いパラグラフを使い,見出しやサブ見出しを活用します。テキストはこのようにすると読みやすくなります。最近では長い文章を読みたがる人が減ってきたので、太字やイタリック囲みなどを使ったり色をつけたりして重要な情報にハイライトを入れます。下線はリンクのために取っておきましょう。

  5. 合理的な文章の長さ– 文章が長すぎると読み手は集中力を失い、重要な情報を読み取ることができなくなってしまうかもしれません。テキストを分けることを怖がらずに、見出しや箇条書きなどを使ってみましょう。表や画像など、テキストとは異なるコンテンツがあなたのテキストをもっと読みやすくし、全体に命を吹き込んでくれます。これらのコンテンツも最適化することをお忘れなく。

  6. スタイルを統一 – 普通のテキストと見出しや小見出しを使い分けてみます。フォントも読みやすいものを選択しましょう。複数のフォントを使う場合も3つまでに絞ることがオススメ。それ以上を使うとテキストの明瞭さが薄れます。リンクをわかりやすくするため色を分けましょう。残った文章は同じ形式を維持します。

  7. かんたんナビゲーション – 読み手は記事の一語一句すべてを読む必要がないかもしれません。そのため記事でどのように進めばいいかをわかりやすくしてみます。サマリーを使いましょう。複数の記事をリスト化するのは特に便利。サマリーは読み手にコンテンツの内容を一目で伝えてくれます。長い文章の場合、目次にアンカーリンクを付けてリンクを張ります。アンカーリンクは同じページの好きな場所にリンクを飛ばしてくれる機能です。関係のある内部リンクや外部サイトのリンクを載せるのもおすすめです。

  8. 行動のきっかけ – ページの中できてくれた人に何か行動を起こしてもらいたい場合(注文やフォームの記入等)、なるべく簡単にすることが大切です:
    • やってもらいたいことを具体的に表示します

    • 行動のきっかけを見逃されないよう、背景と違う色を使ったりフォントのサイズや色を変えたり、ボタンを使うなどで目立たせます。

    • 行動のきっかけに焦点が行くように、何度かページに出てくるようにします

3. 関係があるキーワードを見つけて使う

キーワードには2つの重要な目的があります:

  1. 検索フレーズが基本となっている
  2. 検索エンジンを人が使うのは、何か情報を探している時です。あなたのお客さんになってくれるような人が、どのような話題を探しているのか想像してみましょう。これに関係が深い適切なフレーズとキーワードを、サイトの自分の記事に入れることは、このキーワードで検索結果に出てくるための第一歩。もちろん検索結果での順位はいろいろなものに影響されますが、コンテンツに正しいキーワードを使っている事はとても重要です。

  3. コンテンツの中核で、中身を支配します
    • あなたのサイトにはすでにアクセスがありますか?そのままサイト内にとどまってもらうようにしましょう。どのコンテンツに一番人が来ているかを見つけてもっと情報を提供しましょう。検索エンジンは人の行動を見ています。一旦ページに来てもすぐにどこか他のサイトに行ってしまっていませんか?それともそのままサイトに留まり外のコンテンツも読まれていますか?一旦あなたのサイトに来てもすぐに離れてしまったら、まだコンテンツが十分熟してはいないと言うことです。このままにしておくと、次回あなたの検索結果手の位置が下げられてしまいます。

ここまでは理論。それでは具体的にサイトのコンテンツを作っていきましょう。

  • ロングテールキーワードを文脈で使います
    • .一般的なキーワードは検索数も膨大です。競争率も高くユーザーが具体的に何を探しているのか推し量るのが難しい状況です。使うキーワードを少し長めにしてみましょう。これらはロングテールキーワードと呼ばれ、検索数は多くないけれど競争率が低く、また簡単に人が何を探しているか想像できます。このようなキーワードを使って彼らが望むコンテンツを提供し、お客さんになってもらいましょう。
 SEOにロングテールキーワードがどう効くか

SEOにロングテールキーワードがどう効くか

  • キーワードの繰り返しを避ける 
    • 検索エンジンは馬鹿ではありません。私たちのようにコンテンツを読んでいます。言葉のバリエーションも理解しています。そのためいろいろなキーワードを表示したり何度も繰り返す必要はもう必要ありません。1番適切な形式でテキストに入れ、詳細を説明するなどでまた使う場合、類義語や略語を2回目以降に使うのも手です。

  • テキストの中にキーワードを散りばめる
    • 昔は、SEO対策のために文脈なく、ただキーワードを羅列しているようなものもありました。これは検索エンジンを騙すために人工的にテキストの関連性を深めるやり方です。今これをやるとペナルティーを受けますのでご注意。キーワードは自然に流れるようにテキストに入れましょう。検索エンジンは言葉がサイトのコンテンツのどこに位置しているか、周りにどんなテキストがあるか等に注意しています。そのため1番重要なキーワードや1番検索されているキーワードをタイトルや見出しに入れます。ほかはテキスト内に自然に入れます。キーワードをリンクテキストとして使うこともとても重要です。

  • キーワードは1ページに1つだけ
    • インターネットはとても競争が激しい環境です。少なくても自分のサイト内での競争はエネルギーの無駄。1ページには1つの重要なキーワードが理想的です。一般的なキーワードやフレーズは何度もサイトで登場させなければならず、すべてのページやサイトにできることではないかもしれませんが、できるだけ、1ページ1語を心がけてみましょう。

  • キーワードの多様化を網羅する
    • 特別なページを作ってそこに全部のキーワードを入れるなんて事はやめましょう。1ページだけのサイトでない場合は、キーワードをブレイクダウンしてそれぞれにページを当てはめるのがベストです。

キーワードはどこで入手するか?

どのフレーズやキーワードをコンテンツで使うかを見つけるためには、キーワード分析と呼ばれるリサーチが必要です。どのキーワードを使うかだけでなく、ワードの評価を行ってカテゴリ別に分けられます。これをするとテキストの中でどのキーワードを使ったらいいか判断できるようになります。

サイト全体の分析をすることも可能で、関連性のあるキーワードを一度にすべてのページから拾うことができます。さらに新しいサイトを作る場合、先に人がどのような話題に興味があるかを知ることで、この分析はナビゲーション構造をデザインするのにも役立ちます。デメリットはこの分析には時間がかかり、難易度が高いことです。データを入手するには時間がかかり、入手した際にはもう時間が経って使えなくなっているようなこともあります。

今作成しているコンテンツに集中し、その分析をしてコンテンツにキーワードを入れ込み、そのあとまた別のページに移ってまた分析からやってみましょう。

このような分析は大変なのでたくさんのツールが出ています。キーワードやフレーズを発明したり、分析に長く時間を取られる事はありません。自分で考える事はもちろん大事ですがその考えを発展させるきっかけにもなるため便利です。有料のキーワード発掘ツールもありますが、無料のものもたくさんあります。

実は、検索エンジンそのものもツールとして使えます。検索ボックスには’ささやき”機能があり、キーワードを1つ入れると関連した言葉を表示してくれます。

例えば、「電動バイク」と入力します。

Googleオートコンプリート機能

Googleオートコンプリート機能

検索エンジンは入れたキーワードと一緒によく探されるキーワードを一緒に表示してくれます。これらはよくある検索だけでなく、あなた自身が過去に行った検索ワードも含まれます。そのため、このオートコンプリート機能をキーワードの分析に使う場合は、ブラウザのシークレットウィンドウを開いて行うと、自分の過去の検索に基づいた提案が反映されないのでおすすめです。

Google は関連ワードを以下のように、検索結果ぺージの下に表示することもあります。これらはGoogleにされた質問がテーマ別に表示されます。

Googleが提供する関連するキーワードが検索結果の下に出てきます

Googleが提供する関連するキーワードが検索結果の下に出てきます

Googleはよくある質問についての情報を提供してくれることがあります。クリックすると、回答とリンク先のページが出てきます。よくある質問だけでなく、競合などに関するアイディアも得られて、一石二鳥。ここで裏技をご紹介:答えをクリックすると、新しい質問がどんどん出てきます。この分析でどんな情報が求められているかワードと共に入手できます。

Googleのよくある質問機能

Googleのよくある質問機能

検索エンジンのデータのデメリットは、キーワードの指標がないことです。キーとなるフレーズは探せても、その言葉が一体どのくらいの頻度で探されて、どのくらいの競合がいるのかはわかりません。キーフレーズの重要性を評価するのは難しいです。

これらの指標は有料で提供されているツールを使うとわかります。でも無料でもGoogleトレンドは現在一番探されているワードのデータを提供してくれ、検索のボリュームやトレンド指標も見られます。ただなかなか詳細なデータは見られず、短くて一般的なフレーズしか情報は取れないことが多いです。

Googleトレンドの画面

Googleトレンドの画面

検索で有料の広告を出していて、Google広告を利用していれば、キーワードプランナーという便利ツールを使えます。たくさんお金を広告に使えばそれだけ正確なデータがこのプランナーから得られます。ただ、関連キーワードはかなりの広い範囲のワードを拾ってしまうので注意が必要です。

キーワードプランナーのインターフェース

キーワードプランナーのインターフェース

これで十分なキーワードやフレーズが集まりましたか?分析の次のステップとしてExcelなどのスプレッドシートにリストをアップロードします。 これで重複をチェックしたり、順番を変更したりできます。

分析用のキーワードリスト

分析用のキーワードリスト

たくさんのフレーズがあれば、意味によってグループ分けしてみましょう。一番大事なのは優先順位をつけて順番を決めること。どのサイトにも合う法則はないので、以下を意識してみましょう:

  1. 文脈を決める
    • 目的はユーザーが入力した検索語句の意図を考えてみること。例えばリストにある「電動 バイク 最新」一は、購入よりもどちらかというと新しいモデルの情報を探している人の可能性が高く、「電動 バイク おすすめ」というフレーズを入れる人は、これから始めて購入しようとしている人かもしれません。

  2. キーワードををどのコンテンツに入れて使うか(カテゴリー、ブログ、商品ページなど)
    • 文脈に関わることですが、度のコンテンツに入れるかを決めます。先ほどの例では電動 バイク 最新」をニュースとして導入部分にいれるなどが考えられます。「電動 バイク おすすめ」は常に人気がありそうなキーワードなので、ブログ記事に入れて、定期的に同じテーマで更新することができます。

  3. キーワードの優先順位を決める
    • 例えば、検索数に応じてなどです。競合性や関連性のチェックもお忘れなく。「電動 バイク」というキーワードでは月平均90000回ほどの検索数がありますが、これでは入力した人の気持ちを推し量ることは難しいです。「電動 バイク ホンダ ヤマハ」という長いキーワードは月での検索は1000ほどですが。どちらのメーカーにしようか迷っている、すでにバイクを購入する予定がありそうな人をイメージすることができます。「電動 トライク 屋根 付き」というキ―ワードは月間検索数は720ですが、ユーザーの意図がはっきりわかるだけでなく、競争率も低いワードです。このワードに関した記事を書けば、検索順位が1位になるのもほかよりよっぽど簡単です。検索している数は少ないですが、彼らがアクセスしてくれた時にコンテンツに満足するチャンスは高いといえます。

  4. コンテンツのどこにワードを入れるか
    • 上記であげた「電動 バイク」のような一般的でよく検索される 言葉の場合は、H1タイトルや見出しに入れます。「ev バイク」などの類義語や「ハーレー ダビッドソン 電動 バイク」のようなもっと特化しているワードならサブ見出しや H2 – H6、テキスト内に入れます。タイトルや画像の文字情報、リンクテキストとしても使うことが可能です。重要なキーワードは太文字にするのがオススメ。

Excel や似たようなプログラムではグループ分けするのが簡単です。例を下にあげてみます:

キーワードのグループ分けの例:目的によってキーワードに優先順位をつけ、どこで使うのか、タイトルやテキスト等に仕分けされています

4. よいタイトルの作成方法

ヘッドラインは読み手とあなたのサイトをつなぐ最初の場所になります。ここが人々が検索結果で最初に見る場所となり、リンクとして動きます。ここにはあなたのサイトが何をしているかユーザのニーズに関連した内容を提供しているかを示します。また検索結果でユーザがクリックしてくれるように促すことも必要です。タイトルのコンテンツはインデックスロボットによって読まれるため、一番重要なキーワードを入れるスペースとして使うことが理想的です。

検索結果のページタイトル

検索結果のページタイトル

また、ヘッドラインはまた、ヘッドラインは記事のプレビューにも表示されソーシャルネットワークなどの記事のプレビューにも表示されソーシャルネットワークなどのいつでもシェアできるようになっています。またブラウザタブにも表示されます。これがあれば個別の検索タブで区別つきやすくなります。

ブラウザタブの表示

ブラウザタブの表示

  • タイトルはコンテンツの内容を明確に示すものでなくてはなりません。各ページに違うタイトルをつけましょう。

  • 読むユーザーのことを考えながらタイトルを考えましょう。ここでの目的は読み手にサイトに来てもらうことです。テキストはそのためユーザーの目を引いてクリックさせようと言うものでなくてはなりません。

  • タイトルの長さはどんな文字が使われるかにもよりますが、600ピクセル、大体60文字ほどです。タイトルが長すぎると全部が表示されません。短くて読みやすいタイトルをお勧めします。

  • 最適化は左から右に行いましょう。キーワードや行動のきっかけと呼ばれるものは、1番最初に注意が行く理想的にはヘッドラインの最初のほうに来ていることがいいです。よく探されるワードを1つか2つ選んであなたのコンテンツに一番近いものを使いましょう。

  • タイトルでスペースが余ったらあなたの会社名やブランド名を入れます。できればタイトルの最後のほうに入れましょう。

  • クリエイティブになりましょう。絵文字を使ったりタイトルで遊び心がします。

タイトルの例: あなたは1ウェブサイトを作る52 の伝説的なツール🔧3を知っていますか | 社名、ブランド名など4

1 興味や注意を引くための書き出し

2タイトルに数字を入れると注目度が増します

3 絵文字でおやっと思わせる

4 社名やブランド名を入れて覚えてもらう

タイトルを入れないとどうなるでしょうか?その場合は際そのページのメインのタイトルのみが表示されます。webnodeではタイトルが簡単にセットアップできます。右上のメニューボタンから設定するページを選びます。してページをクリックして 

ページタイトルが見えるのでそこに入れたい項目を入れます。

タイトルをwebnodeの編集画面で変更する

タイトルをwebnodeの編集画面で変更する

5. 良いメタディスクリプションを作成する

ディスクリプションはタイトルと同じような機能持っていますが検索結果やソーシャルネットワークで表示され人の興味を引きます。これは追加のテキストでコンテンツを読み手に対してもっと紹介しサイトに来てもらうようにするものです。

ディスクリプションは検索結果でこのように表示されます

ディスクリプションは検索結果でこのように表示されます

しかしヘッドラインとは違って、そのコンテンツは検索エンジンのロボットには読まれません。ですからただキーワードをディスクリプション200入れても検索結果の順位に影響は与えられません。そのかわりあなたのクリック率を上げるために使ってみましょう。良いディスクリプションを作成すると言う事はユーザにサイドに来てもらうことに注力すると言うことです。検索エンジンはクリック率が高いものにをよく優先順位をつけるため、あなたのサイトの検索結果も改善されます。

もしディスクリプションを入力しなければどうなるでしょうか? Googleはページの要約コンテンツを表示しますのでその点では大きな問題にはなりません。この要約は他の場所やテキストをGoogleが自動的に選んで表示をするので、意図するものと違うものになることもあります。気をつけましょう。これはコンテンツのスニペットが評価されるからで、検索クエリと関連性が高ければそちらを表示するからです。

  • ユーザーを意識したディスクリプションを作成しましょう。読み手をサイトに誘うことが1番の目的でクリック率を上げましょう。

  • ラベルの制限は160文字です。これは大体2から3文に当たります。ラベルが長いと全部は表示されません。

  • ディスクリプションではベネフィットや行動のきっかけ、商品の重要な情報やセール問い合わせ等を入れましょう。

  • 魅力を増すために数字を使ったり、絵文字をテキストの中に入れたりしてみましょう。

メタディスクリプションの例:

“自分のホームページを作ろうと思っていますか?1 おすすめベスト52 ツール 🔧3 でサイトを粋にデザインしませんか? 時間節約3 できるのにプロ仕様のサイトができます。.4

1 疑問文からスタート。ちょっと興味を引かれます。

2 文だけでなく数字を使うと心をつかむのに文字数節約。

3 絵文字で心をわしづかみ。

4ここでメインのメリットを強調します。

メタディスクリプションはwebnode殿編集画面でタイトルと同じ画面で設定できますSeoページ設定です。

Webnodeの編集画面でメタディスクリプションを入れる画面

Webnodeの編集画面でメタディスクリプションを入れる画面

6. 画像の最適化

毎日たくさんの人がネットで画像を探しています。画像自体を探している人もいれば画像をもとに詳細なコンテンツを探している人もいます。このような機会を逃すのは非常にもったいない。あなたのサイトにもぜひ取り入れましょう。

関連性の深い一般的なキーワードを使うことで、画像検索の検索結果の上位をゲットしましょう。テキストだけで探すよりも競合性は低いです。そのため画像の最適化に力を入れるのはとても効果があります。

画像をサイトに入れる前にまずデータサイズを最適化しましょう。これは以下の2ステップに分かれます。

  1. 必要であれば画像をの最大サイズを調整しましょう。PCの表示ではサイズはおよそ1400 × 800ピクセルになります。画像最適化ソフトで調整が可能です。

  2. 2. 画像のデータサイズを圧縮できるソフトを使いましょう。画像の質は少し下がるかもしれませんが、人の目ではそれほど差を感じないレベルです。無料でできるいろいろなアプリケーションがネットにはあります。「画像コンプレッサー」と探してみましょう。

画像のデータサイズを縮小するとサイトのロードスピードを改善することができます。これは評価の要因の中でとても大事なものになります。

画像情報の最適化に移ります:

  1. 名前それ自体がとても重要な役割を持ちます。そのため画像のファイルの名前はwebnodeにアップロードする前に設定しましょう。タイトルでは画像に何があるかを説明しここでもキーワードを使うことを忘れずに。

  2. 同時に、画像のタイトルを編集画面に入れることも忘れずに。Googleは画像の代替情報としてこの情報を読み込みます。これはAltテキストと呼ばれます。画像のロードが失敗した時やコンテンツを目の見えない人に表示する際に役立ちます。画像の代わりにユーザに表示されます。
Webnodeの編集画面で画像を編集する方法

Webnodeの編集画面で画像を編集する方法

画像に文字説明をいれるaltテキスト

画像のタイトル設定

このようなラベルはどうして入れるのでしょうか?こんな時代でも、まだ検索エンジンは画像の中身を正確に判断することができません。その代わりにこの画像に関係している文章を分析して登録する情報を収集しています。タイトルに追加して代替テキストを入れると、検索エンジンは周りのテキストも判断できます。そのため文章中に画像を入れることが重要になります。

7. 被リンクを得る

リンクビルディングもSEOの重要な施策で、外部のバックリンクをあなたのサイトのために得ることで評価が上がります。バックリンクの数と質は検索結果を決める一番重要な要因の1つになります。

  1. バックリンクは検索エンジンがあなたのサイトを見つけるのに役立ちます。
  2. 他のサイトがあなたのサイトを見つけたら、検索エンジンがこれは重要だと認めます。
  3. ユーザーはあなたのサイトを被リンクを通して訪れます。このようなアクセスは大体は少ないですが関連性は高いです。

外部のリンクに対しては、あなたが全て管理できるわけではないため、被リンクを得る方法は難易度が高いです。単に追加したり編集したりおのコンテンツのようにはいきません。他のサイトを説得してあなたのサイトにリンクを貼ってもらうことを維持しなくてはなりません。

ただ、質の高いコンテンツを作れば、そして良いサービスと強いブランド提供することができれば、自然にたくさんのリンクを得ることができます。便利だとわかれば、人々はあなたのサイトを宣伝してくれます。しかしこれには時間が必要で、権威性を得るにも時間がかかります。競争相手も同じことをしているかもしれません。被リンクを構築したりあなたのリンクプロフィールを改善することができる方策はいくつもあります。

  • リンクのないメンション
    • 特定の話題に注目している関連するコンテンツを見たら、そしてそれが情報の重要な出典先を明記しておらず、あなたがそれを作ったものであなたのサイトにあれば、その作者にリンクを入れるように進めることができます。大体この戦略はあなたのブランドを紹介するのに役立ちます。

  • 壊れたリングビルディング
    • リンクが作用しなかったり既に古いコンテンツや質の低いものに飛ぶようであれば、サイトの作者に知らせることができます。そのかわり関連性の深いコンテンツを紹介しリダイレクトできるようにします。

  • ゲストポスティング
    • ゲストポスティングサイトの作者と協力してコンテンツをそのサイトのために書きます。見返りとしてコンテンツ中にあなたのサイトへのリンクをに貼ってもらいます。このトピックはあなたのサイトと関連が深いものでなければなりません。

  • ケーススタディ
    • 新しいデータとニュースであなたのニッチの分析を考えます。関連のある分野でほかのプロや専門家に回答をお願いしてもいいでしょう。データが興味深いものであれば、ほかのサイトからリンクを得ることができ、ほかの人があなたの記事作成に参加してくれれば、SNSでシェアしてもらいもっとアクセスを得ることができる可能性があります。

  • コミュニティーリンクビルディング
    • トピックに関連するディスカッションが行われてるところにいきましょう。ユーザの質問に答えたり、もし可能であればリンクを入れてあなたのサイトの情報を提供します。重要なのは活発で現在も行われているスパムがない掲示板を選ぶことです。

リンクビルディングに関してはたくさんの戦略がありますが、ここでは主に有名なものをあげました。まずは適切なサイトを選んでバックリンクを構築しましょう。その後で自分で戦略を作って、実際に問合せを開始しましょう。リンクを単に得るだけでなく、新しい人との交流を大事に長期目線でトライしてみませんか?相手にも得になってWINWIN関係ができればベストです。

例えば、いくつかのバックリンクを使って電動バイクの組み立てに関する記事を書くとします。まず電動バイクについての記事を探しましょう。理想的には組み立てに特化するものではないほうがいいですが、関連性のある話題にします。例えば電動バイクの選び方や電動バイクのメリットについてなどです。

良い記事を見つけたら、それについての掲示板等でのディスカッションがあるか見てみます。コメントを見て他のユーザーが何か質問をしていないか確認しましょう。もしあれば自分のできる限りでユーザーの質問に答えてみます。答えを見た人は、あなたの記事のリンクを見つけることができます。

コメント欄でうまい質問を見つけることがいつもできるわけではありません。ディスカッションは古かったりスパムだったりすることもあります。そのため毎回自分のリンクをつけるようとする事は止めましょう。あなたの答え自体がスパムに見られてしまうことを防ぐためです。またそのようなリンクはあまり価値があるアクセスを生み出してはくれず、削除されてしまう可能性もあります。

記事からリンクを得ようとする事は他の方法でも可能です。作者の情報の問い合わせを探して問い合わせてみます。彼のコンテンツを褒めて関連性のあるトピックについて自分も記事を書いたのでとお知らせしてみます。また彼の記事内で自分の記事を紹介してもらえないかもしかすると彼の読み手にも興味がある分野ではないかと提案してみましょう。

そのかわりあなたのサイトからリンクを著者に提供することが可能です。重要なのはコンタクトすることを拒絶されてもまた次に行けば良いのです。記事だけをターゲットにする必要はありません動画もお勧めです。DIYディスカッションフォーラムがあるか確認してグループやSNSのグループもチェックしてみましょう。クリエイティブになりましょう。

リンクビルディングはとても時間がかかりコストもかかります。サイトを見つけたりバックリンクを得る機会を見つけるために便利なツールもたくさんあります。しかし有料のものがほとんどです。自分の手でこのような機会を探すのが1番簡単だと思います。

検索エンジンにワードを入れてみて結果で出てきたページを1つずつ見ていきます。これはとても時間がかかります。ただ重要なのはバックリンクの質を評価して、正しい機会を見つけることです。行動に移る前にどのぐらいの時間とリソースをこのリンクを1つ得るのにかけられるのかを見積もっておくと良いでしょう。不健康なリンクを得るためにも役立ちます。
評価のポイントはこちら:

  1. ドメインオーソリティー
    • これは数値化されたスコアで、どのぐらいそのドメインが検索エンジンで評価されているのかを表します。ドメインの形成が高いとバックリンクの質の評価も高くなります。あなたが必要なのはサイトと関連性のあるドメインのみです。

    • いくつかの有料のツールは自分の評価軸を持っています。しかし無料のアプリなどもあります。例えばドメインオーソリティーチェッカーと検索してみるといろいろなタイプが出てきますがなかなかどれがいいのかわからないでしょう。いくつか試して、できれば最低2種類以上のツールを使うと良いかと思います。

    • 権威性の最大値は100です。強いドメインはおよそ60以上のスコアを保っています。20から60度中では中間の強さのドメインになります。20までの数字のドメインは弱いドメインと考えられます。例えば「良いバイクコンバージョンマニュアル」の権威性は証明されています。83と言う数字はかなり高いと言って良いので、かなり強くメインでリンクを貼るには最適です。ただこのリンクを得るには相当大変な努力が必要ではないかと思います。
ドメインやサイトの権威性をチェックできるスモールSEOのインターフェイス

ドメインやサイトの権威性をチェックできるスモールSEOのインターフェイス

  • ページオーソリティー
    • これも数字で表され、ページが検索エンジンでどの位置にあるかを示したものです。ドメインオーソリティーと同じように機能しています。しかし特定の1ページのみとなっています。

    • だいたいのリンクは、権威性のあるページからはられていれば価値があると判断されます。これはドメインの権威性が低い場合でも同じです。

    • スコアはドメインと同じように機能します。例えばスコアが46であればページそのものの評価は真ん中位です。
  • 関連性
    • 検索エンジンにとって重要なのがそのページの話題やウェブサイトの内容があなたのコンテンツと関係しているかどうかです。

    • リンクテキストはアンカーテキストも呼ばれ重要です。理想的にはあなたの会社名やブランド名やランディングページに関係するキーワードを含んでいることが大事です。

    • もう一つ重要なのは、サイトを頻繁に訪れるユーザーについて評価することです。あなたのコンテンツはこのようなユーザにとって面白いものでしょうか?有益なものでしょうか?
  • リンクの位置
    • 検索エンジンはコンテンツのページ内のリンクの配置にも気を配っています。テキスト内のリンク、画像にあるリンク、タイトルのリンクは、はフッターやコメント欄のリンクよりも価値があります。

    • リンクの総数についてもチェックしましょう。リンクの数が少なければ、価値が上がります。
  • リンクの種類
    • リンクはnofollowまたはdofollowに属します。nofollowは検索エンジンに対して「このリンクは考慮に入れるな」と示しています。リンク構築の面から見るとdofollowリンクは特別に重要で、リンクページからの権威性の1部を拝借することができるからです。

リンクを得るのはそう簡単ではありません。ですからあなたの現在のリンクにもう少し目を向けてみましょう。リンクのプロフィールを定期的にチェックしてページがきちんと飛んでいるか、エラーページに飛んでいないかを確認します。Googleサーチコンソールにはリンクのセクションがあって便利です。

あなたのサイトのリンクがどのぐらいあるのか概要を見ることができます

あなたのサイトのリンクがどのぐらいあるのか概要を見ることができます

サイトにリンクしているドメイン

あなたのサイトにリンクしているドメインがわかります

上位のリンク元テキスト

上位のリンク元テキスト

Googleサーチコンソールの代わりに無料のAhrefsウェブマスタツールも使えます。

 Ahrefs ウェブマスタツール

Ahrefs ウェブマスタツール

リンクを貼っているドメインをバックリンクプロファイルリポートから見ることができます

バックリンクプロファイルリポート

バックリンクプロファイルリポート

もしくは特別な被リンクを直接フォローできます

このツールではなくなってしまった、もしくは最近取得したリンクをドメインごとにリストで見ることができます

修復しなければいけない壊れたリンクもチェック可能

修復しなければいけない壊れたリンクもチェック可能

まとめ

このSEOガイドでは、検索エンジン最適化のすべてのプロセスについて説明してきました。Webnodeホームページ作成ツールを使う場合に、どのSEO施策がどうすれば実現できるかも学習しました。まだホームページを作ろうか迷っているあなた、Webnodeのメリットについてご理解いただけたでしょうか?コツコツ時間をかけてするSEOにおいて、Webnodeではどのぐらいの時間を節約できるかこれでお分かりかと思います。

あなたのサイトの検索エンジン最適化はどのぐらい進んでいるでしょうか?どれがうまくいってどのやり方がうまくいかなかったでしょうか?体験談などぜひシェアを!