自分だけのドメインを登録しよう

Webnodeでサイトを作成すると、無料のドメインOOOO.webnode.jpが振り分けられます。このドメインをwww.OOOO.comのようなお好きなアドレスにして使うこともできます(webnode.jpが入らないアドレスです)。この好きなドメイン名の登録にはプレミアムプランのお申込が必要になります。

まだプレミアムプランのお申込をされていないお客様がドメインのご購入をされる際は、システムが自動的にプレミアムプランを選択するページにジャンプします。ミニ、スタンダード、プロプランをお申込みの場合:独自ドメインの利用が最初の1年無料でできます。この場合は自動的に無料になるため、ドメイン無料用のバウチャーは発行されません。

はじめてミニ、スタンダード、プロのいづれかのプレミアムプランをお申込みになると、ドメイン登録が1年分無料になるバウチャーコードを取得できます。このバウチャーのコード番号は、決済終了後の画面に表示されるほか、ログイン用のメールにもバウチャーの有効期限は45日間ですのでご注意ください。

1年以上の期間ドメインをご利用になりたい場合は、合計金額からドメインの1年分の料金が自動的に引かれます。このバウチャーは、すでにお持ちのドメインを移管して使う場合にも1年分としてご利用いただけます。 

リミテッドプレミアムプランの場合、このドメイン1年無料特典はつきません。

無料特典がつかえるドメインバウチャーは、主に使われるドメイン (.com, .net, info…)に適用できますが、スペシャルドメイン (.cafe, .city, .consulting,…)には使えません。 「1年ドメイン無料」の対象ドメインについてはこちらの登録可能ドメインリストを参照ください。

どのようなドメインを登録するかどうかはこちら

 

1. 登録するためにまずは、マイプロジェクトページ独自ドメインを取得をクリック。

 

ドメイン登録設定
2. もう一つのやり方として、編集画面に入り設定をクリックする方法もあります。

ドメイン登録手順

 

3. ドメインタブ新規ドメインを登録をクリック。

ドメインタブ

 

 

4. 現在のアドレスから、システムが自動的におすすめのドメイン名を提案します。この中に登録したいドメインがあれば登録をクリックします。自分で登録したいドメインが決まっていたり、ほかにもどんなドメインが登録可能か調べたい場合は、ご希望のドメイン名を下の方のボックスに入力し、検索アイコンをクリック。ドメインは世界で1つのものなので、先に登録した人がいないか、どんなドメインがあるか確かめます。

おすすめドメイン名と登録

5. 出てきた画面で、プレミアムプランの選択をします。どのプランがいいか選んで 購入をクリックして次へ進みます。

ドメイン登録

 

6. ドメインは世界で一つのものとなるため、所有者の情報を登録します。まず、個人または会社かどちらで登録するか選択します。必要事項を記入しますが、一番大切なのは有効なメールアドレスを記載いただくことです。そのほかにドメイン所有者として証明が可能な情報を記入します。記載内容を確認して決済へ進むをクリック。
 
ドメイン購入 所有者登録

 

7. プレミアムプランをお申込後にドメインを登録する場合、バウチャーを使うをクリックして、メールで送られてきたコードを入力ください。入力された内容を確認し、再度バウチャーを使うをクリックすると、バウチャーが有効になります。

会社名義でお申込の場合、会社宛請求にチェックを入れます。購入ボタンをクリックして完了です。If you are purchasing as a business, check the Company Billing box. Click on the Purchase button to complete your order.

Webnode ドメイン バウチャー使用

 

お支払い手続き終了後、登録いただいたドメインを国際機関へ登録し、サイトとの接続する手続きに入りますので、ドメインがすぐに使えるようにはならないこと、ご空注意ください。手続きが終了するまで48時間かかります。ドメインが有効になったかどうかは、サイトのドメイン管理 で確認いただけます。

どんなドメインを登録すればいいでしょうか?

  • 簡潔で覚えやすいものを選びます。アクセスする人がドメイン名から内容をすぐに想像できるようなわかりやすいものがおすすめです。
  • 理想的なドメインは1-2単語の組み合わせです。ダッシュ(-)をつけるかつけないか迷う場合、2つのバージョンを登録するのも手です。複数のドメインを登録した場合、一般的に覚えやすいダッシュのない方のドメインを主要ドメインとして登録することができます。
  • ドメインは独自性も大切です。似たようなドメインが既に登録されていないかも確認しましょう。
  • ビジネスのためにドメインを登録する場合、会社名をドメインに入れます。
  • かつてはドメインにキーワードを含めることが重要とされてきましたが、現在はサイト自体の質(コンテンツの質)やアクセス数などへ重要な項目が移ってきています。自分の希望したキーワードのドメインが既に登録されてしまっていても、ご心配ありません。

ドメインのプライバシー登録

ドメイン登録の際、ドメインのプライバシー登録サービスを購入できます。ドメインを登録すると、所有者の個人情報(お名前、住所、電話番号など)がウェブ上で公開されます。この追加サービスがあるとお客様の個人情報の開示を公開データベースに載らないように設定できます。 

 


探している質問が見つからない場合