ドメイン登録のルール

 

Webnodeでは、ドメイン登録を有料のサービスとして利用規約の4に規定しています。 このページではドメイン登録およびドメイン所有者の権利や義務についての規則をご確認いただけます。

Webnodenでドメイン登録サービスをご利用になると、ドメイン所有者なります。登録済みのドメインはWebnode のプロジェクト(ホームページ)と関連付けられます。Webnodeのユーザーアカウントを開設し、少なくても1つのプロジェクト(個人、ビジネス、ネットショップどれか)を持っていればドメイン所有者になることができます。 

ドメイン登録のクレームについて

ドメイン登録についてのクレームや誹謗については https://www.webnode.jp/contact/ の「不正行為を報告」に記載のとおり、Webnode に報告される必要があります。報告された件については、確認のご案内があります。

お寄せいただいた不正行為は、Webnodeの不正防止チームによって確認され、可能であればお客様の言語でお返事させて頂きます。お客様の言葉でご連絡ができない場合、英語でお返事することがあります。

不正やクレームが報告されると、 Webnodeはクレームの内容を確認します。Webnodeはドメイン所有者に連絡をとり、 (登録ドメイン所有者)問題解決に至るために必要な行動の実施を求めます。 Webnodeの規約に著しく違反する行為があった場合、Webnodeは直ちにそのドメインを無効にすることhができます。 

Webnode がクレームを正当でないと判断した場合、もしくはWebnode がクレームについて正当性を判断できない場合、そのドメインやドメイン所有者になんら行動を起こさない場合があります。

どちらの場合でも、メールにてクレームや不正行為の結論について報告をさせていただきます。Webnodeがクレームについて判断できない場合やクレームを拒否する場合、それについての説明を受けることができます。また、特別な場合、責任者についても触れることがあります。

ドメイン所有者について

登録ドメインの所有者の権利と義務は ICANN に規定され、その 管理者の利益と義務についてのページにで確認いただけます。

ドメイン所有者の役割、登録、ドメイン、ドメイン更新についての詳細は ICANNの登録者 教育関連ページで確認いただけます。

登録者の義務と権利についてはICANNサイトにある登録者認証規定にあります。

ドメイン更新と消去のポリシー

ドメインの失効日が来ると、ドメインは自動的に失効し、Webnode のアカウントから削除されます。ドメイン失効日はWebnodeプロジェクトの管理画面で表示されています。ドメインの失効については、45日、30日、14日、7日、3日、1日前にメールで連絡させて頂きます。

どめいんの種類にもよりますがTLD(トップレベルドメイン)の場合、ドメインが失効しても一定の期間(猶予期間)、ドメイン復活できる場合があります。猶予期間はTLDの種類によりますが、一部のドメインには適用されません。また、猶予期間からの復活には手数料がかかります。 gTLD (ジェネリックトップレベルドメイン)の場合、– 例: com, net, org)、復活の費用は 150 USD (もしくは 100 EUR)になります。その他ドメインの復活費用は種類によって異なり、150 USD (又は 100 EUR)からになります。

プライバシー保護サービスをつけた登録について

Webnodeでは、ドメイン登録の際、お客様の個人情報の代わりに弊社の情報を表示する「プライベート登録サービス」を扱っております。このサービスは新ドメイン登録の際に申し込むことができます。

プライベート登録は、関連会社である"Anonymous Domains s.r.o."のサービスです。このサービス購入で、利用規約(http://anonymousedomains.com/service-agreement.html)に同意したことになります。

このサービスは一部の TLDでのみご利用可能です。

お客様の義務について

お客様はICANNの規定する RAA 2013に従うものとします。 

 


探している質問が見つからない場合