Googleウェブマスターツールを設定する

Googleウェブマスターツールはサーチコンソールとも呼ばれ、ホームページがどのように見られているか把握したり、サイトのパフォーマンスを監視、管理もできる Google の無料サービスです。このサービス利用するためにWebnodeのホームページとつなげる作業をします。

1. まずは Google ウェブマスターツール に登録します。Googleのアカウント(Gmailなど)がない方はまずアカウントを作成ください。アカウントがある方はログインします。作成したホームページアドレスを入力し、プロパティを追加をクリック。別の方法をクリックして、出てきた画面でHTMLタグにチェックを入れると、コードが出てきます。コードをすべてコピーします。(下の画面上のコードはサンプルです。ご自分のホームページのデータを入れると、下とは違ったコードが出てきますのでご注意ください)

ウェブマスターツール

2. エディターで、ページをクリック。

ページ

3. SEO ページ設定 をクリック。

SEO設定

4. Google ウェブマスターツールで入手したトラッキングコードをすべてのページのHTMLヘッダーコードをカスタマイズの欄にペーストします。

ヘッダーコード

5. 変更を公開します。Google ウェブマスターツールは接続されました。

6. Googleウェブマスターツールに戻り、確認をクリック。

確認

サイトマップの追加

サイトのサイトマップをGoogleのアカウントで送信することも出来ます。こうすると、ホームページへ変更を行なった際、Googleがホームページ内のコンテンツをチェックする時間を短縮できます。

ステップを以下でご確認ください:

1. ウェブマスターツールでサイトマップをクリックします。ダッシュボードページで「サイトマップ」をクリック。

2. [サイトマップを追加 / テスト] をクリック。




3. "sitemap.xml" をホームページアドレスの後に入力し、「送信」をクリック。  

送信

 

ポイント: Googleで検索用語と位置を確認するための4つの手順も参照ください。

 


探している質問が見つからない場合