Microsoft Outlook 2016でWebメールを使おう

ここでは、Webnodeの webメールをMicrosoft Outlook 2016で使うための設定方法をご紹介します。
設定する前に、Webnodeのwebメールアカウントを開設しておく必要があります。

重要:  webメールアカウントを正しく設定するために、Webnodeのどのメールサーバーにご自分のメールアカウントがあるかご確認ください。
メールアカウント設定後にお客様に送られている最初のメールに、設定に必要な情報があります。メールサーバーはmail1.webnode.com もしくは mail2.webnode.com のどちらかです。

メールはこのようになっています:

Microsoft Outlook 2016でWebメールを使おう

さあ、Microsoft Outlook 2016Android端末でメールをチェックできる設定をしましょう!

1. Microsoft Outlook 2016 を開き、ファイルタブをクリック。

Microsoft Outlook 2016でWebメールを使おう
2. 出てきた画面で アカウントの追加 をクリック。

Microsoft Outlook 2016でWebメールを使おう

3. 画面下の 自分で電子メールやその他のサービスを使うための設定をする(手動設定) にチェックを入れ、次へ をクリック。

Microsoft Outlook 2016でWebメールを使おう

4. アカウントタイプの選択で、POP または IMAP を 選びます。

Microsoft Outlook 2016でWebメールを使おう

5. 次の情報を入力します:

 

  • 名前:メールを送ったときに相手先に表示させたい名前を入力します。
  • 電子メールアドレス: Webnode webメールアドレス
  • サーバー情報: POP3
  • 受信メールサーバー: mail1.webnode.com または mail2.webnode.com
  • 送信メールサーバー: mail1.webnode.com または mail2.webnode.com
  • アカウント名:Webnode webメールアドレス  (上記電子メールアドレスと同じ)
  • パスワード:Webnode webメールへログインする際のパスワード

6. 詳細設定 をクリック。下記画像の X の部分は、ご自分のメールサーバーの番号(1か2)に直すのをお忘れなく。わからない場合はサポートまでお問い合わせください。

Microsoft Outlook 2016でWebメールを使おう

7. 詳細設定タブで以下を設定ください:

  • 受信メールサーバー (POP3): 995
  • このサーバーは暗号化された接続(SSL)が必要にチェックを入れる
  • 送信メールサーバー (STMP): 465
  • 使用する暗号化接続の種類: SSL
  • OKをクリック。

Microsoft Outlook 2016でWebメールを使おう
8. 送信サーバータブをクリックします。

9. 送信サーバー (SMTP)は認証が必要 にチェックを入れます。

Microsoft Outlook 2016でWebメールを使おう

10. OK をクリックして設定を保存します。

11. 次へをクリック。

12. Outlook上で、新しいメールが設定できたかテストのためのメールが送られます。

さあ、これで設定完了です。これでメールがOutlookで利用できます。webmailの初期設定では、14日間メールのコピーが保存されますが、メールの転送設定が行なわれると、メールはWebnodeのwebメール受信ボックスには送られませんのでご注意ください。 


探している質問が見つからない場合