Google サーチコンソールに登録しよう

 

新しく作成したウェブサイトを公開しても、まだGoogleやYahooがサイトの存在を認識していないので、Google検索やYahoo検索で見つかけることができません。サイトの存在を認識してもらうために、Googleサーチコンソールに登録しましょう。Googleサーチコンソールに登録すればYahooの検索エンジンにも人しkされます。

 

1. Googleサーチコンソールのページにいき、ログインします。(以前のGoogle ウェブマスターツール)

2. 出てきた画面の二つの中でURL プレフィックス を選択し、ブラウザのアドレスバーに表示されるホームページのアドレスを入力します。できれば以下の2つのような形式で入力ください(OOO.webnode.jpも登録できます):

https://www.my-domain.com
https://my-domain.com

アドレスを個別に入力する必要があるので、1つを入れたら続行をクリック。

Google サーチコンソール 登録

ポイント: 入力するアドレスなどGoogleサーチコンソールについての詳細はこちら

3. 出てきた画面の中ほどにあるその他の確認方法からHTMLタグをクリックします。トラッキングコードが出てきますのでこのコードを全部コピーします。Googleサーチコンソールトラッキングコード取得

4. Webnodeの編集画面にいき、右上よりページをクリック。

Webnode トラッキングコード設定

5. SEO(検索エンジン最適化)ページ設定をクリック。

SEOページ設定

6. GoogleサーチコンソールでコピーしたトラッキングコードをHTMLヘッダーコードをカスタマイズの空欄にペーストします。閉じるをクリック。

Google サーチコンソールコード入力箇所

7. 変更を公開します。公開と同時にGoogleサーチコンソールのアカウントと接続されます。

8. Googleサーチコンソールに戻り、HTMLタグの右下にある確認をクリック。

サーチコンソール 確認画面

 9. 以下の画面が出れば、所有権の確認ができたので設定完了です。

サーチコンソール設定完了


サイトマップの追加

ホームページのサイトマップをGoogleのアカウントへ送信することも出来ます。こうすると、ホームページへ変更を行なった時に、Googleがホームページ内のコンテンツをチェックする時間を短縮できます。サイトマップを送信してみましょう: 

1. サーチコンソールにログインし(たまま)ダッシュボードのページで左メニューのサイトマップをクリック。右に出てきた画面のサイトアドレスの後にsitemap.xml を入力し、右にある送信ボタンをクリック。

サイトマップ送信

2. 「サイトマップを送信しました」というメッセージが出れば完了です。

サイトマップ送信

ポイント: サーチコンソールの使い方についてはヘルプセンターが便利です。

URL 検査ツール

このツールはホームページが検索エンジンにどのように認識されているかの詳細な情報を教えてくれる便利ツールです。同時に新しいサイトの登録や変更などを行った時にサイト全体や特定のページを検索エンジンに登録(インデックス)することができます。ホームページに変更を行った際、すぐにGoogleの検索エンジンに変更を知らせていち早く変更を反映させるにはとても便利です。(Yahooにも反映されます)このツールを使うにはGoogleサーチコンソールへの登録が終わっていることが必要です(上記の設定をご覧ください)

1. Google サーチコンソールのアカウントで左側のURL検査をクリックします。

2. サイトのアドレスまたは特定のページのアドレスを一番上の欄に入力し、Enterキーを押します。自動的にウェブチェックが始まります。

3. 再度サイトの登録(インデックス)をする場合、インデックス登録をリクエストをクリック。

URL検査

ポイント: Googleサーチコンソールでできることは他にもあります。上記ヘルプページやURL検査を参照ください。

 


探している質問が見つからない場合